ここから本文です

①硫酸銅(Ⅱ)水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加える場合と、アンモニア水を少し...

ama********さん

2009/2/1217:26:26

①硫酸銅(Ⅱ)水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加える場合と、アンモニア水を少しずつ加えていく場合について、両者を比較して違いを説明せよ。
②二種類の金属イオンを含む(1)~(3)について、それぞれ二種類のイオンを分離・確認する方法を考えよ。
(1)Ag+とCu゙2+(2)Al゙3+とZn゙2+(3)Pd゙2+とNa+

お願いします。

閲覧数:
463
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yti********さん

2009/2/1217:48:16

①水酸化ナトリウムの場合:Cu(OH)2(青白色)が沈殿する
アンモニアの場合:初めはCu(OH)2(青白色)が沈澱するが、徐々に[Cu(NH3)4]2+ (濃青色)となり、溶ける


(1)HClを加えると、AgClが沈澱する。ろ過した後に、酸性の状態でH2Sを加えると、CuSが沈澱する

(2)NH3水を過剰に加えると、Al(OH)3が沈澱する。ろ過した後に、塩基性の状態でH2Sを加えると、ZnSが沈澱する

(3)HClを加えると、PbCl2が沈澱する。尚、これは熱水を加えると溶ける。ろ過した後に、ろ液で炎色反応を試すと、黄色(Na+)になる

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる