史载,日本慈覚大師円仁入唐求法(公元八三八年六月-八四八七年十二月),历时九年七个月,其间三赴赤山浦,驻锡两年多,且于唐朝求法巡礼及海上归国之途中,深受赤山明神之启迪与庇佑。

史载,日本慈覚大師円仁入唐求法(公元八三八年六月-八四八七年十二月),历时九年七个月,其间三赴赤山浦,驻锡两年多,且于唐朝求法巡礼及海上归国之途中,深受赤山明神之启迪与庇佑。 大师感念,孜孜以求,终播天台弘义于东瀛,始建赤山禅院于京都比睿山麓。 盛世重光,法华生辉。一九八八年五月一日,中国赤山法华院于遗址重建庆典之际,日本赤山禅院管领睿南觉照法驾莅临,并亲率弟子武觉超、栢木宽照、蘭軍通訳等人开光布道,再续千年法缘。荏苒春秋十五载,二零零二年赤山禅院、赤山禅院円仁入唐求法馆、赤山阁、法华宝塔等启建,与赤山法华院毗邻互应,环境优雅,法喜充满。管领睿南觉照欣问、喜捐千株牡丹于禅院内外,开发願再捐赠日本樱花、红枫等树木,敬供佛教圣地与先贤圣迹、造福世人也。 この文章を日本語で翻訳して欲しいです、宜しくお願いします。

画像

中国語 | 中国史69閲覧

ベストアンサー

1

日本の慈覚大師円仁は、入唐して仏法を求めること9年7ヶ月にわたり、その間に赤山浦に3度赴き、2年余り滞在しました。また、各地の巡礼と帰国の途中で、赤山明神(赤山法華院の山神)の教導と加護を受けました。円仁大師はこれに感謝し、たゆまず仏法を求め続け、天台山の教えを日本に伝え、ついに京都の比叡山の麓に赤山禅院を建立(こんりゅう)しました。 世の中が栄え、仏教の教えが広まり、1988年5月1日に中国の赤山法華院が跡地に再建されました。その際、日本の赤山禅院の管領叡南覚照(えなみかくしょう)師が式典に出席し、弟子の武覚超、栢木寛照、通訳の蘭軍らを引率して仏像の開眼供養を行い、千年の法縁を繋(つな)ぎました。それから15年の歳月が過ぎ、2002年に赤山禅院、赤山禅院円仁入唐法館、赤山閣、法華宝塔などが建てられました。これらの建物は、赤山法華院と隣り合い、周囲は静謐で、法悦に満ちています。叡南覚照師は、この知らせを喜び、千株の牡丹を寺院の内外に寄付しました。また、更にソメイヨシノやイロハモミジなどを贈り、仏教の聖地と先賢の聖跡、人々の幸せのために捧げることを表明しました。 史载,日本慈覚大師円仁入唐求法(公元八三八年六月-八四八七年十二月),历时九年七个月,其间三赴赤山浦,驻锡两年多,且于唐朝求法巡礼及海上归国之途中,深受赤山明神之启迪与庇佑。 大师感念,孜孜以求,终播天台弘义于东瀛,始建赤山禅院于京都比睿山麓。 盛世重光,法华生辉。一九八八年五月一日,中国赤山法华院于遗址重建庆典之际,日本赤山禅院管领睿南觉照法驾莅临,并亲率弟子武觉超、栢木宽照、蘭軍通訳等人开光布道,再续千年法缘。荏苒春秋十五载,二零零二年赤山禅院、赤山禅院円仁入唐求法馆、赤山阁、法华宝塔等启建,与赤山法华院毗邻互应,环境优雅,法喜充满。管领睿南觉照欣问(闻?)、喜捐千株牡丹于禅院内外,开(并?)发願【将】再捐赠日本樱花、红枫等树木,敬供佛教圣地与先贤圣迹、造福世人也。 李さんへ 知恵袋で質問して訳を求めるのも一つの手段だと思いますが、正確な歴史をブログで広めるのでしたら、正確な訳が必要だと思います。 李さんを止めはしません。ただし、知恵袋には限界もあるのではないでしょうか?私の訳には間違いがあるかもしれません。 円仁大師はどう思われるでしょうか?

1人がナイス!しています

円仁大師和玄奘法师一样他是非常偉大的人,但是大部分中国人不知道他的故事。中国人知道鉴真和尚和空海法师。 我就住在赤山附近,可以感受到円仁大師求法的心情和求法的足迹。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 非常感谢您

お礼日時:9/15 11:59

その他の回答(1件)

0

歴史は、838年6月から8487年12月までの9年7ヶ月間、日本の慈覚大師が唐の求法(西暦838年6月~8487年12月)に入り、その間、3年間赤山浦に渡り、2年以上にわたって錫に駐在し、唐王朝の法巡礼と海への帰還の途中、赤山明神によって啓発され、祝福された。 巨匠の思いは、天台弘義を東苑に放送し、京都のビリシャンに赤山禅院を建て始めた。 シェン・シェン・シェン・グアン、ファワ・シェンフイ。 1988年5月1日、中国・赤山法華院が遺跡の再建を祝った際、日本の赤山禅院は、弟子の武覚チャオ、ユ・ム・クアン・シャオ、ユ・ジウの協力者など、千年の歴史を生き続けた。 2002年、赤山禅院、赤山禅院、唐求法館、赤山閣、法華宝塔など、赤山法華院と隣接し、エレガントな環境と喜びに満ちています。 禅院内外に数千本の牡丹を寄付し、日本の桜や赤いカエデなどの木を寄贈し、仏教の聖地や先人の聖なる道を崇拝し、世界に利益をもたらすために、南の意識を喜ばせ、喜んで寄付します。