回答受付が終了しました

同じ960ヘクトパスカルでも30年前の台風は弱かったですか?

同じ960ヘクトパスカルでも30年前の台風は弱かったですか? 少しずつ気圧の基準がずれてませんか?

気象、天気31閲覧

回答(3件)

0

台風に関して気圧の基準というもはありません。 昔からありません。 30年前の960hPaの台風が弱かったということも言えません。 台風の強さを決めるのは、最大風速です。 「強い」(33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満) 「非常に強い」(44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満) 「猛烈な」54m/s(105ノット)以上 一般に、台風の中心と台風の周囲との気圧差が大きいほど強い台風と言えます。 台風の中心付近の気圧が960hPaとして、台風の周囲の気圧が1000hPaであれば、その気圧差は40hPaです。また、台風の中心付近の気圧が同じく960hPaとして、台風の周囲の気圧が1010hPaであれば、その気圧差は50hPaです。 前者よりも後者のほうが気圧差が大きいので、後者のほうが台風としての勢力も強いと言えます。 総じて、中心付近の気圧が低いほどその台風は強いですが、中心付近の気圧が同じなら、その周囲との気圧差が大きいほど強い台風です。

0

中心気圧は同じでも、台風は雨量や規模に違いがあります。気圧が同じ場合は、中心の勢力が同じくらいということです。 ヘクトパスカルが同じでも、台風の大きさや伴う雨雲の量などには違いがあります。 台風は、中心気圧(勢力:最大瞬間風速)、台風の大きさ(規模)、雨雲の量と位置、台風の速度、台風との位置関係などを見て判断する必要があります。

0

気圧の基準がずれはありません、同じ960ヘクトパスカルであれば30年前の台風でも中心気圧は同じ強さで、30年前でも台風としての大きさ強さは同じくらいで、特に弱かった強かったはないと思います。