回答(4件)

0

たぶん健在。その類の手の見え方というのは、読むのが速いとかの次元とは違うもんだと思う。 だがいかんせん、近年は中盤で間違えることが多くなり、光速を発揮する場面まで行かないみたいだ。 対藤井戦は気合が入りすぎて力んだんぢゃないかな~とか思った。また、間違えて悪くなってからは、あきらめるのも早かった。晩節を汚さずの美学のようにも思えた。

0

高速の寄せではなく光速の寄せですが、 現在の谷川九段は中速の寄せという感じですかね。 まあそれでも普通のアマからしたら高速ですけどね。 スポーツ程では無いにしろ、将棋も年齢を重ねれば少しずつ衰えてしまうのは仕方のないことです。