YouTubeなどでスノーボードで滑走する映像を投稿している方がいますが360度写るカメラで撮ると自撮り棒が消えています。

YouTubeなどでスノーボードで滑走する映像を投稿している方がいますが360度写るカメラで撮ると自撮り棒が消えています。 これはどのような仕組みで消えているのでしょうか? ただ単にカメラに自動で処理できる機能がついているからですか? それとも2つのレンズで撮ったものを処理しているのでしょうか?

スノーボード64閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

180度以上の広角カメラを背あわせにして合成してるのでしょうけど 自分がカメラになったつもりで 直立棒立ちになれば分かります。 右見て左みて上みて180度見渡せますね では越し曲げないで下見てみると首とか胴体とか脚とか見えないですよね つま先が少し見えるでしょう 巨乳の女子はつま先もみえないかもしれませんけど・・・ それはともかく 頭を支える首とか胴体とか脚とかがセルフ棒で足がセルフ棒をつ手と 考えれば見えない原理がわかると思います 合成するときに自然になるように上手く調整してるだろうから カメラの真下の死角もうまく消えるようにはしてると思いますね

ThanksImg質問者からのお礼コメント

めちゃくちゃわかりやすく 解説していただきありがとうございました。 …ただグループラインでどーゆー仕組み?って盛り上がった話題なのですが、女性もいるのでこのままこの答えを共有するのは少し気が引けますが笑

お礼日時:9/13 10:13

その他の回答(2件)

0

こんにちは。 どういう仕組みかは知りませんが、 カメラ自体に処理できる機能がついてるらしいです。(詳しく知りたいのならビデオカメラカテゴリーで。) 画像は画像検索からお借りしました。

画像