回答受付が終了しました

すいません。うまく説明できないのですがトーシローなのでアドバイスください。

すいません。うまく説明できないのですがトーシローなのでアドバイスください。 YAMAHAのミキサーのフォンコネクタ(多分6.35㎜)出力コネクタにイヤホンやスピーカー(3.5㎜ステレオ)を差して聞きたいのですが、対応する変換ケーブルや変換コネクタを教えてもらえないでしょうか?Amazonから3.5㎜ To 6.5㎜ケーブルは発売されているのですが違う気がしますがいかがでしょうか?

オーディオ24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(3件)

0

>YAMAHAのミキサーのフォンコネクタ(多分6.35㎜)出力コネクタにイヤホンやスピーカー(3.5㎜ステレオ)を差して聞きたいのですが、対応する変換ケーブルや変換コネクタを教えてもらえないでしょうか? 先ずは使用中の機器の型名を提示されればもっと的確に説明可能なのですが・・ 恐らく、標準フォン端子とミニフォン端子の違いは感じているのでしょう。 これらの端子はサイズによる違いの他に電極数(2極or3極)による違いとステレオかモノラルかによる違いもあります。 そして、一つのミキサーの中で、これらの端子が混在しているのが普通です。 こちらの↓AG03を例に説明してみます。 https://jp.yamaha.com/products/music_production/webcasting_mixer/ag03/index.html#product-tabs AG03の出力系端子は右側に配置されていますが、MONITOR OUTの標記の下の右側の3っの端子は標準フォンジャック(6.3mm)となっており、左右のアクティブスピーカー用の端子は独立しているので、個々の端子はステレオではありません。 PC用スピーカーの場合ステレオのミニフォン端子が使われますが、DAW用のアクティブスピーカーは左右夫々のスピーカーにアンプを内蔵しているので、このように左右独立の端子の方が扱いやすいのです。 そして、スピーカー用端子の下にはヘッドフォン用の端子が有りますが、これは勿論ステレオとなっており、3極(TRS)の標準フォン端子となっています。 スピーカー用のモノラル端子は2極(TS)で十分なのですが、DAW用では3極つかってバランス接続するものが一般的のようです。 AG03のスピーカー用端子もバランス接続可能の3極(TRS)端子となっていますが、出力回路自体はRとSの間に抵抗が入っているだけの様です。 そこで、ご質問のスピーカーやヘッドフォンとの接続ですが、ヘッドフォンに関しては3極の標準フォン端子をミニフォン端子に変換するだけです。 PC用スピーカーもこのヘッドフォン端子と接続するのであれば同じ変換ケーブルを流用出来ます。 しかし、AG03のスピーカー用端子は左右独立したモノラルとなっているので、いくらステレオ用の変換ケーブルを使ってもモノラル信号はステレオになりません。 なので、この場合は↓のようにモノラル標準フォン×2⇔ステレオミニフォンの変換ケーブルが必要となります。 https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/44359/ ※AG03であればヘッドセット用にステレオミニフォン端子が有りますから、この端子を使うのが最も近道です。 しかし、ヘッドセットの場合マイクとヘッドフォンのプラグを一本にまとめた4極プラグが一般化しています。 しかし、AG03のヘッドセット用端子はマイクとヘッドフォンが別々の3極ミニフォン端子となっています。

0
0