最近、知恵袋でカーボンナチュラルという考えを知ったのですが、疑問に感じる点があります。 二酸化炭素のプラスマイナス0は理解できます。 生まれた時に、俺の分だと植樹しそれを使う分

最近、知恵袋でカーボンナチュラルという考えを知ったのですが、疑問に感じる点があります。 二酸化炭素のプラスマイナス0は理解できます。 生まれた時に、俺の分だと植樹しそれを使う分 には、まぁその通りと思うのですが、私は、生まれてから植樹したことがありませんし、どこかの団体があなたの分ですと植樹しているとは思いません。 それでも、木を燃やすのはプラスマイナス0だから、石油燃やすより環境にいいのですか? カーボンナチュラルという考えは、この点はどう考えるのでしょうか? 一応書いておきますが、私は温暖化=二酸化炭素原因 とは思ってません。

補足

カーボンニュートラルでした。

地球温暖化8閲覧

ベストアンサー

5

→ 地球温暖化問題を振り回してる輩ドモ?の知能程度が、あそこの『グレダ症候群病気?レベルのいい加減な程度レベル!』なんですから!あまり深刻に考えてもしょうがない話なんではありませんかね?ですよね?ですよ! 森林の木材を燃焼させるのと、植樹(量)がバランスできればニュートラル!なんだとか?石油石炭?の場合の計算でいうと、昔の時代分は、人類が作って埋め込んだもの(石油石炭)じゃああないのだから、これはバランスしない出来ない?と彼等は主張してるんでしょうかね?地球圏内トータル全体ので、加減算をするのであれば、石油石炭のだってプラスマイナスゼロのバランス?なんでしょうね?それが判って居ない程度の幼稚な頭脳者?じゃああああありませんかああああ?????ですよね?(ですから!子供レベルの算数計算なんでしょうね!)

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/11 5:42

その他の回答(3件)

1

紙。例えば、トイレットペーパー、新聞、半分以上は再生紙です。新しいパルプ原料の木材は、国内では、製材残材や間伐材で、植林されたものがほとんどです。輸入の多くも製材残材やパルプ原料として計画的に植林されたものです。 https://www.jpa.gr.jp/states/pulpwood/index.html 木材にしろ、肉や魚(餌が結局は、光合成産物)にしろ、農産物にしろ、光合成で得られた有機物は、カーボンニュートラル。 ただし、温室で暖房、運搬に化石燃料を使ったりすれば、CO2は増える。

1人がナイス!しています

2

カーボンナチュラルというのは知らないのですが、 日本人一人あたりのCO2排出量は生活面だけで1.9トンほどなので、ほとんど意味のない運動や考えです。 https://www.jccca.org/chart/chart04_07.html CO2が温暖化の原因ですよ。CO2濃度の上昇が温暖化の原因ではないとする主張は存在しません。

2人がナイス!しています

4

通説では、木を燃やすのはカーボンニュートラルで、光合成によるCO2の吸収と燃焼によるCO2排出は同じ大きさであり、プラスマイナス0だから、石油を燃やすより環境にいいということになっています。 木材チップなどを燃やすバイオマス発電はCO2排出にカウントしません。

4人がナイス!しています