ID非公開

2020/9/10 8:19

33回答

炎天下でウインドブレーカーを着ることについて。

炎天下でウインドブレーカーを着ることについて。 建設現場で働く方の取材の動画で見たのですが、 日差しが強い炎天下てウインドブレーカー(っぽいウエア)着用し、さらにフードまですっぽり深く被っていました。 取材していた方がウエアを借りて着てみたところ「うわー冷蔵庫の中みたい」と感動していました。 本題です。 ここ最近の炎天下にもかかわらずランニングを上から下までけっこうモコッとしま暑そうなウインドブレーカー(?)を着用している方をたまに見るのですが、僕はそれを見て「修行かな」「汗をかきたいのかな。それ着なくても充分汗吹き出る暑さだけど…」などと思っていましたが 実は全く逆の理論で「暑いから涼しくするために着ている」てことなのですかね?

ベストアンサー

0

その方のお心積りは分かりませんが,剥き出しよりも着衣の方が涼しい場合があります。 直射日光は,思うよりはるかにダメージを与えます。

その他の回答(2件)

0

炎天下でモコッとしたウインドブレーカーを着ている人なんて減量末期のボクサーか何が何でも痩せたい人でしょう。 暑いだけで涼しくなんてなりません。 建設現場のモコッとしたウインドブレーカーは空調服です。 気化熱を利用して「冷たく感じる」作用に着目した服です。 (お風呂上りのお湯で濡れた体に扇風機の風を浴びたら冷たく感じるのと同じです)

1

建設現場で着ていたのはおそらくファン付きの空調服だと思う。 ランナーで空調服を着ている人をみかけたことはないのでただの日差し対策だと思うけど、モコッとしていたのならそうだったのかも。

1人がナイス!しています