2輪にはあるのに、4輪は、どうして単気筒はないの?

2輪にはあるのに、4輪は、どうして単気筒はないの?

2人が共感しています

ベストアンサー

4

黎明期の四輪や現在も農耕機などにはあるけど、それを話してもしょうがないですもんね。 単気筒の振動と低速時のトルク変動を嫌って、最低2気筒になっていると思います。 二輪では660cc単気筒で30馬力以上は出してますから、軽自動車だったら使えると一瞬かんがえるでしょうが、二輪のエンジンは低速トルクが少なすぎでやはり重量のある四輪には不向き、と言うか使えないと言っていいでしょう。 単気筒はコンパクトに作れますが、四輪ではメリットにはなりません。

4人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

2輪の単気筒はその振動自体が個性でありメリットです。 4輪の場合その振動を魅力的な個性だと感じる人は2輪よりはるかに少ないです。 適正シリンダー容量というものがあって660ccはギリギリ可能なサイズっすね。 現在の技術だと660cc単気筒で7000rpmまで回り概ね50psというエンジンは 無理無く出来てしまいますね。 低速トルクがどうとか上まで回らないということは無さそうです。 ただ重量的なものと製造コストはどうなるか計算しないとわからないです。 ①振動 ②物理的サイズ ③コスト(推測) これで採用されないのだと思います。

3

耕運機や小型のトラクターとかだとディーゼル単気筒とかありますよ。 単気筒だと燃焼速度やピストンスピードの限界から回転を上げ難いのとシリンダーが一つなのでエンストし易い事から、自動車の様な粘り強いエンジン特性を求められる車両には採用し辛いですね。

3人がナイス!しています

1

とにかく振動が大きいです 利点はサイズが小さい事ですが、(エンジンルームが広い)車に乗せた時には、その利点も消えてしまいます。

1人がナイス!しています