回答受付が終了しました

起承転結の構成はほんとうに正しいというか良いんですか? なんか、起承転結にすれば良くなるって訳じゃないですよね?

起承転結の構成はほんとうに正しいというか良いんですか? なんか、起承転結にすれば良くなるって訳じゃないですよね? 次こうすれば面白くなるって思い付けれれば、起承転結みたいなルールなんて知らなくてもいいんじゃないの?

1人が共感しています

回答(8件)

0

起承転結というのは本来近代漢詩のルールで、これをいろんな物語に適用すれば形になるといういわゆるテンプレートです。 必ずそれに従う必要はないです。 ただ、 >次こうすれば面白くなるって思い付けれれば こういう意図で書かれたものは大概構成がおかしくなって、物語が完結せずに破たんしていくことの方が経験上多いです。

0

正しい構成は目的によって異なります。 起承転結はわかりやすい文章構成であって「面白くなる」ためのものではないでしょう。 ただゼロから作り上げるよりテンプレ使った方が体裁の整った文章が書きやすいというだけのことかと。

0

自然科学分野では、論の展開のルールとしての高次文法が存在します。 文章の並べ方は、パラグラフパターンに沿うことが求められます。 これは、文章を読む側と書く側の共通認識として存在しますので、そのルールを守らないと、100人が100人とも誤解無く読める文章になりません。 技術文章などでは、誤解が生じれば事故になりますので、ルールを守ることが求められます。 面白さを求める文章ではないから、そのようなルールが厳然としてあることをご承知ください。 以上、何かのご参考までに。

1

俳句の自由形みたいなんと同じ発想でしょ 水泳でも早いならクロールじゃなくてもいいし

1人がナイス!しています

0

拘泥しなくても構いませんが。ドラマとか映画では、客を退屈させないため、あえて起伏を設けて、穏やかな場面とハラハラする場面を交互に作ります。何かしら事件とか課題を突きつけて、それを解決していく過程を描くのが普通なので、起承転結を知らない人でも、自然とそれに近い構成になります。 これはエンターテインメントの場合です。学術書とか論文とか報道なら、そのような配慮は不要です。