熊谷6人殺害事件のペルー人の男の無期懲役確定へのニュースをどう思いますか? 心神耗弱とはいえ6人も殺しておいて無期懲役は納得いかないと思います。 日本は外国人の犯罪に甘過ぎると思いませんか?

熊谷6人殺害事件のペルー人の男の無期懲役確定へのニュースをどう思いますか? 心神耗弱とはいえ6人も殺しておいて無期懲役は納得いかないと思います。 日本は外国人の犯罪に甘過ぎると思いませんか?

事件、事故41閲覧

ベストアンサー

0

>日本は外国人の犯罪に甘過ぎると思いませんか? この事例がそうだとは思えないけど、外国人が日本人に比べて減刑された事例って他に何がありますか? 日本の司法が日本人に下す依りも外国人に対してより軽い量刑を課してるとはとても思えないです。 今回は心神耗弱を判決の考慮に入れなかった一審と、入れた二審の差ですよね。 精神鑑定で科学的に心神耗弱が認められるのなら、法律として明文化されている以上、減刑するのは正しいといえます。 韓国の様に司法が民意に忖度して、法律を無視した判決を出すのが正しいというのなら別ですが。 それに人を殺した以上死刑にしなければ気が済まないというのもどうかと思うし、そもそも無期懲役ってそんなに軽い罰でも無いですよ。 仮釈放の審査が始まるまで有期刑の最長である30年掛かり、そこから10年以上かけて、遺族への謝罪は十分で遺族感情は緩和されているのか(遺族への聞き取り調査も入念に行われます)、更生は十分か、社会に戻しても生活していけるかを、慎重に何度も審査して、仮釈放に辿り着けるのは早くても40年、50年以上もざらです。 無期で満期が無い以上、一生仮釈放ですから死ぬまで保護監察下に置かれて、再犯はおろか定期的な出頭などの遵守義務を怠れば即仮釈放は取り消されます。 因みに仮釈放される3倍の服役囚が獄中死してるし、仮釈放されても遵守義務が守れず2割が取り消されています。 4~50年以上にも及ぶ謝罪の日々と、仮出所しても死ぬまでの保護監察。 死刑じゃなくても、十分に犯罪抑止になる程の重い厳罰だと思いますけど。

その他の回答(2件)

0

日本の裁判は、加害者に甘く、被害者に厳しいと思えます。 特にプロの法律家が中心になった場合ですね。 法解釈と一般常識等のバランスが大切だとは思いますが、法解釈や運用のみを重視する者が多いようには思いますね。 この事件も地裁では死刑判決が出ており、プロ中心の高裁で無期懲役にひっくり返りました。 裁判員制度の意味がありません。 個人的には、死刑しかないと思っています。 この犯人の兄弟も殺人鬼です。殺しのプロ一家ですよ。 心身耗弱の定義も見直す時期にきているように思えますね。 問題があるのなら改正すれば良い話です。 定義されているから従うという考えは、思考停止であり手抜きですね。 そもそも法律は人間が定めたものですので、完璧であるはずがありません。完璧であると思うのは、傲慢な考え方だと思います。

0

まぁコイツの実兄はペルーで25人殺害で35年の禁固ですからね。 ペルーの常識だったら6人程度なら4,5年で出てこれるはずだったのかも。 死刑廃止国家のペルー人相手じゃ 日本の司法はどうせ死刑にできないというのは最初から分かっていた事です。 そもそも、 こんなのを入国させた政府が悪いのであって、 何かあってから司法に死刑にしないのは何故だっていうのも おかしな話だと思いますけどね実際。