ID非公開

2020/9/12 2:18

44回答

物理学についての質問です。

物理学についての質問です。 加速度運動において、速さは時間に比例するということを中学生に教えるにはどのように説明すれば納得してもらえるでしょうか? 私は物理学を習っていたので、距離の時間微分で速度がでることなどはわかっているのですが、できるだけ公式や微分の概念は使いたくないです。 また、距離は時間の2乗に比例することは、記録タイマーの結果などを用いて説明して納得してもらいましたが、もっと良い説明の仕方があれば御教授ください。 前にも似た質問を見つけましたが、それには微分を使っていたため改めて質問させていただきます。

物理学 | 高校受験32閲覧

ベストアンサー

0

一般に速度と言えば瞬間速度のことを指すので正確なことを言えば微分の概念は必須です。 でも中学生なら速度は「単位時間当たりの移動距離」と捉えれば十分ですから単位が「秒」なら1秒ごとの速度の変化量が加速度という説明でいい筈です。 速度:(移動距離)を時間で割ったもの→比例 加速度:(速度ー速度=速度の差)を時間で割ったもの→比例 距離を時間で割ったものをさらに時間で割ってるので単位がm/s^2(毎秒毎秒)という説明もあるといいかもです。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

元々グラフを見てなぜ比例になるのか?と聞かれたということを記すべきでしたが、一番参考になったのでベストアンサーにさせていただきます。皆様回答ありがとうございました。

お礼日時:9/21 1:02

その他の回答(3件)

0

V-Tグラフを使って説明したらどうですか?等加速度運動ってことはグラフの傾きが一定である運動だと思うのでVとtが比例の関係にあることが視覚的に分かるのではないでしょうか!

0

加速度という概念の教え方ということでしょうか。 氷上やレールの上など、摩擦の無い場面設定が要ります。 慣性の法則が前提になります。 その条件で、物を押したときの動き始めについて考えさせてはどうでしょうか。 いくら強く押しても、重たい物を押した瞬間から速さを持てるわけではない。 押した瞬間は速さはゼロで、押し続けることによって速くなって行く。 だからどれだけ長い間押し続けたのかによって押し終わった時の速さが変わる。

0

中学生ならグラフを使って説明するのが良いです。 速さは単位時間当たりの距離の変化であり、 横軸を時間、縦軸を距離とすると、 グラフの傾きは速さを示します。 加速度は単位時間当たりの速さの変化であり、 横軸を時間、縦軸を速さとすると、 グラフの傾きは加速度を示します。

画像