ID非公開

2020/9/13 17:42

22回答

昔愛媛の松山に住んでいた時、台風の災害など石鎚山のお陰で少ないとかよく聞きましたが、あれは本当だったのでしょうか?科学的?理論的?に説明できますか?確かに松山は災害は少ないような気がしますが。。

昔愛媛の松山に住んでいた時、台風の災害など石鎚山のお陰で少ないとかよく聞きましたが、あれは本当だったのでしょうか?科学的?理論的?に説明できますか?確かに松山は災害は少ないような気がしますが。。

ベストアンサー

0

台風は渦が 半時計回りなので 中心が九州から高知沖を 通る例年のクラスの西から東な 秋ルートであれば 石鎚山がバリアになる位置なので 中予の被害リスクは下がります 縦に動く場合 今回の 暴風圏ギりならば バリアは有効です。 が 中心が直撃や豊後水道を通る場合は 大きな被害が出やすくはなります。

その他の回答(1件)

0

瀬戸内気候の特徴として、北は中国山地、南は四国山脈や紀伊山地に囲まれているために、季節風を遮っているために、温暖で降水量が少ないのが特徴です。 松山市の南東に石鎚山があるので、台風の風や雨を防いでいます。