第3級アマチュア無線技士国家試験受験予定者です。

第3級アマチュア無線技士国家試験受験予定者です。 過去問を見ると 三角関数 対数関数 ベクトル・複素数 微分積分 を使用しなければ解答出来ない問題は出題されていない様ですが? 如何なものなのでしょうか・・・ 見落しでしょうか? 有ったとしても来月の試験には間に合いませんけど!

ベストアンサー

2

過去問の丸暗記で、ほぼ合格できると思います。 3アマといえども、まともに計算式を使って解こうとすると、三角関数、対数、ベクトルなどを駆使しないと解けないと思います、だけど、4アマ、3アマの試験問題は、過去問の使い回し、類似問題が比較的に多い試験なので、過去問の丸暗記だけでも「合格」の2文字を得やすいと云えます。 つまり、過去問を(ほぼ完ぺきに)丸暗記すれば取れる資格と云わています。 事実、私は2018/4月期の当日受付当日試験の受験時には、10日間、毎日3〜12時間:初めは数時間、後半は10時間程度)過去問の丸暗記に努め、無事に「合格」の2文字となりました。 その後、丸暗記の知識が消えないうちに、更に2か月間、毎日(8〜18時間程度)猛勉強(勉強と云っても,ほとんどが1アマ用過去問の丸暗記)した結果、2アマ、1アマ共に2文字でした。 なので、アマ無線の試験は「過去問を制すれば、ほぼ合格できる」といっても過言ではないと思います。 個人的には、趣味としてのアマ無線の資格は(原則として)誰でもが「法規」のみで取得できる様にされた方がいいかなぁーoーと思います。趣味なんだから門戸は浅く広くが誰でもが参画できる様にされて欲しい。 所詮は(お遊びの趣味)なんだから....

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難う御座います。 再度、丸暗記、トリックにハマらない様、じっくりと取組みたいと思います。

お礼日時:9/14 13:24

その他の回答(3件)

1

3アマにそこまでの無線工学の知識が求められないからなのでしょう。還暦過ぎて3アマの国試を受けた当局としては難しい計算問題が出題されなくてラッキーと思っていました。 今まで何度も回答しましたが、原理や理論を無理に理解しようとはせず過去問の問題と正答を忘れないような工夫をして効率よく丸暗記すればそれでいいです。 来月受験とのこと、このカテでの吉報をお待ちしています。(^_^)

1人がナイス!しています

2

「電波受験界」誌 付録の小冊子「無線従事者への道」によると、3アマの取得に必要な学力レベルは「中学程度」ということです。 高校以上で習うような高等な数学は必要ないでしょう。

2人がナイス!しています