ID非公開

2020/9/14 12:36

1313回答

スキーブーツスキー靴の選び方について教えてください。

スキーブーツスキー靴の選び方について教えてください。 先日実店舗で試着してきました。 普段のスニーカーサイズが少しゆとり持って24センチ、ランニング用シューズで23.5センチなので23.5センチのスキー靴を選びました。 履いた感じ親指が少し丸くなる感じだったのでそれを伝えると、膝を曲げてみてどうかと聞かれそうすると窮屈さはなくなりました。 小指の付根あたりが少しボコっと出ている足の形です。 ブーツ も私の足とは逆にシュッとしたタイプのものでした。 (ひろめのタイプを履いてみたら上の部分にもゆとりができて若干大きく感じました。シュッとした方が窮屈な感じを受けたせいあるのかな?) 足の実寸サイズを計測してもらうと22.5だったので窮屈さを感じた23.5でも履いていれば大丈夫と言われました。 このままこのサイズでも大丈夫なのでしょうか? 24があればよかったのですが次が24.5センチになります。 ランニング用のシューズでどうせ伸びるからと少しキツめだったけど23.5を購入した際は結局ずっと親指が痛いままでした。 メーカーによっては23.5〜24がちょうど良い感じです。 上手く伝えられないのですが+αで教えて頂けると助かります。 よろしくお願い致します。

補足

皆様回答をありがとうございます。 とても参考になります。 再度ショップに行き履かせてもらいました。 やはり片足の親指の当たる感じが気になりました。 膝を入れると解消されます。 改めて感じたことは普段履では絶対に選ばないサイズ感かなということです。 回答してくださった方の中にもいらっしゃいましたが寒いとまた感覚が違ってくるというのもとても気になります。 実際前にレンタルした際に前日の試着時は大丈夫だったけど翌日朝装着しようとした時に入らないということもありました。 購入しようとしているのはFTのソールシスターです。 現在着用しているのがサロモンのクエストでこれはサイズ感違和感なく23.5を購入しました。 20年前までスキー乗っててそこからスノーボードへ。 2年前またスキーに乗りたくなりフリースキー(ツインチップ)を乗り始めました。 サロモンのクエストを選んだのは軽くて良かったのとサイズも良かったのとウォークモードがあると聞いて単純になんかお得な気分になったので選びました。 実際バックカントリーはしないので(サイドカントリーくらい)余計なものはいらないかなと。。

スキー206閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

チョット長文になりますが、よければお読みください 私はスキー用品を販売していました 今でも、少なくはなりましたが売り場に立つこともあります。 実寸が22.5㎝であれば23.5㎝で問題ないと思いますよ 足型やブーツ、レベル等がわかりませんので 100%とは言えませんが… スキーブーツは1シェル2サイズで23.0と23.5は 外側のシェル(アウター)とインナーは同じものを使用し インソールの厚みだけでサイズをコントロールしています 23.0と23.5は長さや幅は同じで厚さでボリュームを変えています 23.5から24.0に変更した場合は実際には1㎝違うことになります。 もちろん幅や高さも同じように変わります。 稀にインナーを変更していることもありますが 最近ではコスト削減の為か見たことはありません。 メーカーでの販売も1㎝ピッチになってきています。 スキーブーツもインナーはヘタリが出ますので 2,3日履いていれば少し緩くなります 特に踵(アキレス腱)の部分が最初はきつめなので 緩むと踵が後ろに下がります、それが少し膝を曲げた位置です スキーブーツを購入する際は お店では少し窮屈なものがベストです お店でちょうどいいものだと少し緩んでしまいます 緩めばバックルを締めればいいという方もみえますが 実際には下の2つのバックルは締めなくても しっかり固定できるぐらいが理想です。 緩んだブーツのバックルを強く締めると シェルの形が歪んでしまい他の部分があたることも… ブーツの選び方としては 1.お店で足型を見てもらう(こちらは終了していますね) 2.自分のレベルや目的を伝える 足型だけでなくレベルや目的によっても ブーツの幅や硬さが違います レジャーで1日履いていて楽なものをということであれば 幅が広く、大きさも大きく、柔らかいものを スポーツとして上達や滑りやすさを求めるのであれば 少しタイト、長さはちょうどよくて、少し硬いものを アスリートとしてタイムやレベルUPを目指すのであれば かなりタイトで、少し小さいぐらい(実寸)で、硬いものを 大雑把ですがこんな感じです。 3.実際に足入れして70~80%以上、足型に合うものを選ぶ 極端にアタリがあるものは避けてください 100%で合うものはありません左右でもあたりは違うはずです。 たまに何もしなくてもジャストフィットという方も みえますがかなり稀なケースです殆どは緩いだけです。 できるだけジャストに近いモノを選ぶと合いやすいですが これが履きたいというモノでも概ね合っていれば大丈夫です。 昔はなるべく長く履いて足に合ってるモノを選びましたが 最近では20分も履けば充分でしょう。 ここは時間が取れるなら数日かけてもいい所です 試履きは一度に何足もしてもシビレがあったりして 分からなくなってしまいます。 1日片足に3足程度、合計6足まで、 少し休憩を入れればもう少しいけます、ここで目星をつけて 2日目に両足に同じブーツで何足かを 3日目に一番良かったブーツを少し長めにという感じです また試履きのサイズは小さいモノからです 大きいモノからするとあとのは少しのアタリが痛く感じます 緩い方が楽は楽なので、楽=滑りやすいではありません。 4.足型に合わせて熱成型等をしてもらう 最近のブーツはカスタマイズが容易にできるものも とりあえず問題がなければそのまま持ち帰ってもOKです。 5.実際にゲレンデで履いて不具合を見つける お店に持ち込んで微調整をしてもらう。 購入の際にどこまで調整してくれるかを聞いておくのも重要です お店によっては合うまで面倒を見てくれるところや 一定期間はサービスとか、全て実費がかかるとかいろいろです。 ショップは購入価格は少し高め(定価?)ですが 面倒見がいいことが多いです。 量販店は値引が大きかったりしますが面倒を見が悪い というよりも面倒を見る技術がなかったりします。 ちなみに小さいブーツは極端でなければ調整で何とかなりますが 大きいブーツを選んでしまうと小さくする調整は難しいです パットやソックスで調整すれば大丈夫という接客は 早く終わらせたいだけか在庫を処分したいだけです。 今は厚手のソックスは主流ではありません。

2人がナイス!しています

補足を受けて ソウルシスターはフルサーモインナーです 現状足型が付いていないはずなので お店で履いても履き心地は解りません。 逆に言えばサイズさえ適正であれば ほとんどの方の足型に合います お店の方は熱成型しますから問題ないと 言っていませんでしたか? このブーツで大きいサイズを選ぶと ほぼ100%失敗します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ソールシスターへのコメントをもらえたので選ばせていただきました。 熟成型ということは言われました。 購入後は1年間見てもらえるそうです。 (スキーしている人ならご存知の有名専門店です) ブーツの選び方の詳細等々参考にさせていただきます。 ありがとうございましたm_ _m <<他の方々もありがとうございましたm_ _mこちらから失礼いたします>>

お礼日時:9/21 7:38

その他の回答(12件)

0

初購入の方とお見受けしますが、最初からガチガチにフィットするブーツを選ぶことはオススメしません。 最初のブーツはゆったり履けるものを選ばれると良いと思います。 (ブーツがゆるい場合は厚い靴下を重ね履きするなどで対応されると良いと思います。) そして、1シーズンはそのブーツで頑張って滑ると、具体的に不満や好みが出てくると思います。 それから改めてピッタリのブーツを購入されたほうが良いと思います。 昨シーズン、友達の世話をした経験から色々と勉強になりました。 当時、我々は夜通し運転してゲレンデに到着し、ほとんど寝ずに朝を迎えて滑る準備をしました。 今までレンタルで長らく滑っていた友達が、初めて熱形成ブーツを購入しましたが、 これが、足がむくんでブーツが全く履けませんでした。 一時間ほど格闘し、せっかく合わせたインソールを抜くことで、友達はブーツを履くことができました。 (体型が太い方でしたから「店もすすめるブーツを考えろよ」て思いましたけどね、、、) ブーツのアタリも、ためし履きでは撫でる程度でしかなかったのに、いざゲレンデで履いて滑り出すと痛くて履き続けられなくなることもあります。 せっかくゲレンデにマイブーツを持ってきたのに、満足に履けずに滑る機会を失うのはもったいないですよね。 (年間20~30回以上滑る方の1回と、年1~2回しか滑らない方の1回では、失敗したときの損失の大きさが違いますよね。) ご参考までに、、、 余談ですが、私も昨シーズンはブーツを新調しています。 各メーカーのブーツを履き比べて、一つのブーツを注文しました。 店にブーツが届いたら、そのブーツを履いてアタリを念入りに確認します。 スキーのときにいつも履いている靴下を持参し、ブーツのバンドは血が止まるほどガチガチに締めて、店の中を1時間以上ウロチョロ(あるいはバコバコ?)します。 (タブレット持参して、アニメなど見ながら時間を潰しました。) ブーツのアタリを店に伝えて加工(膨らます)してもらい、またバンドをガチガチに締めてアタリの確認をします。 アタリがまだあれば、再び加工してもらいます。 (ブーツの膨らまし加工は、購入したお店ならだいたいどこでも無料で対応してくれるはずです。) 質問者さんが良いブーツに出会えることを、心よりお祈りしております。

1

選ぶ方法はいろいろあると思いますが・・・・ 私の場合、 気に入ったメーカーの靴(30年ほど同じメーカー)ですのでいつも同じサイズですが、 先ず 靴を履いてバックルを強く締めます、 30分ほど店内を歩きながら調子を見ます、 足が痺れると一次試験は合格、 靴を脱いで しばらく時間をおき 痺れを治します、 そして 同じ靴を履いてバックルを強く締め 良い感じなら合格、 再度痺れると 半サイズアップの靴を試します、

1人がナイス!しています

0

まず、ブーツは24と24.5。25と25.5。など大きさは同じです。 中に入っているインソールでサイズを調整しています。 また、メーカー、型番によっても相当に足型に差があったりします。 今の時期に試着できるお店であれば、フィッターの店員さんがいるかと思いますので問題ないかと思います。 高いですが(定価)神田の神田ブーツ研究所で買えば間違いないです。 余談ですが、上村愛子選手もメーカーから支給されるまでは、ここで買っていたという話です。 それましたが、買った後のシェル出しなどの加工費が無料のお店であれば 問題ないかと思います(プロショップと呼ばれるお店は大概無料です) 私も、普段はいている靴よりもスキーブーツはサイズは小さいものを使用しています。 インソールは外して、スーパーフィートのカスタムブラックを入れてます。 インソールを変えることによってもかなり変化します。 雪上で履いてみて、その後の調子で買ったお店に相談がよいかと。 こういった質問は買う前にしたほうがよいですね!

失礼しました。まだ買っていないようですね。 お詫びして訂正いたします。 例えば、SALOMONのX-PROは相当に履き心地が良いらしいです。 当たって痛いとの話も聞いたことがありません。 上手くなると、履き心地の良いブーツはダメ!!となりますが(笑)

0

質問者さんの書いた下記の部分から、 『ランニング用シューズで23.5センチなので23.5センチのスキー靴を選びました。』 『履いた感じ親指が少し丸くなる感じだったのでそれを伝えると、膝を曲げてみてどうかと聞かれそうすると窮屈さはなくなりました。』・・・足が後ろに移動したことによって、足先に余裕が出来たのでしょうね。 『小指の付根あたりが少しボコっと出ている足の形です。』・・・外反拇趾なのでしょうね。 『ブーツ も私の足とは逆にシュッとしたタイプのものでした』 ・・・ラストがタイトのものなのでしょうね。 『足の実寸サイズを計測してもらうと22.5だったので窮屈さを感じた23.5でも履いていれば大丈夫と言われました。』 大きいサイズのモノを履くと、違った不具合が出ます。なので、大きさは23.5cmや23cmでも良いと思いますが、足型が合うものを選ぶのが良いと思います。ラストでタイトなものでは24cmにしたとしても、外反拇趾のために小指付け根外側に痛みが出ると思います。足型が自分に合ったものを見つけるのが良いと思います。 「ブランド名が良いから」とか、「有名なデモンストレーターが履いているからモデルだから」とか、「知り合いに勧められたから」という理由だけで選ばない方が良いと思います。 ブランド内でもモデルごとにラストで選択できることも多いので、長い時間履き続けられるものを選んだ方が良いと思います。 フィット感が良いのに、痛いところやしびれるところがないのがよいでしょうね。 「圧迫感を感じるけれど、特に痛い訳ではない」というのも、私ならば避けます。 今の時期の寒くない店内での試し履きでたいした違和感がなくても、真冬の氷点下で履いているときの圧迫感・しびれ・痛みは相当つらいことになるリスクが大きいと思います。 それならば、ちょっとしたシェル出し程度で問題解決できるものが良いと思います。 また、インソールの厚み調整、インナーブーツに下に入れているパーツを取り除いてインナーブーツを入れなおす程度で問題解決可能なものが良いと思います。 シェル出しや削りで多く加工する必要があるようならば、私はそのブーツを選びません。

0

私も昨シーズンスキーブーツを変えました スニーカーや革靴は24.5か25ですが 図ってみたら23.5でした 小さいと思いましたが それで何も問題は無いですよ 以前のラングは小指の付け根は私も当たって、バンフでパンチアウト(シェルだし)しましたが、今のブーツはそのままで履けています。ただし、ラングは固さになれるまで時間がかかりました。 ダルベロはすぐに馴染みましたよ 今年、2足買いました

サロモンは基本的にでかい(同じ大きさでも) だから、最初はいたら快適ですが、いつまでたってもベストフィットにならない 最初きついが、何度か履けば、快適になってくるラングとは違います 最初から快適はダルベロです FTは履いたことがないのでわかりませんが、人間に足と言うのは実際に計ってみると、思ったより小さいと言うことです 小指の付け根、私も出ています パンチアウト(シェルだし)などで対応できるのか、しっかりしたお店でじっくり相談の上、購入をお勧めします たとえ、定価より高くなっても、ちゃんと調整できるお店を選んで買うことです 量販店はダメですよ