ID非公開

2020/9/14 15:31

77回答

今高校1年生なのですが、海外大学に進学したいと思っています。

補足

カナダのカレッジを考えています。

留学、ホームステイ | 受験、進学61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:10/18 5:52

その他の回答(6件)

1

ひとつの候補として、「英語圏ではないが英語で学位の取れるところ」で探してみる。 例えば、オランダ・ベルギー・ドイツあたり。ベルギーやドイツは学費が安いですし、オランダも学費は日本の私立大学程度。生活は英語のみで暮らせます。 スイスや北欧は、学費は安いのですが生活費が高いです。 学びたい学問を決めて、QSやTHEのランキングとかを眺めてみると候補が見つかってくるでしょう。そしたら、入学条件・学費や生活費を調べて(海外大生のブログや、ツイッターなどが参考になる)みてはどうですか。

1人がナイス!しています

0

まず、すぐにご両親に海外の大学に進学してもよいか確認して下さい。 了承を得られたら、英語力の向上、学校の勉強に励んでください。学校の成績は重要です。

0

アメリカの場合なら高校での成績をよくする事と、部活動、部活動以外の活動も積極的にする事ですね。アメリカン大学には入試はありませんので上記のような事を基にして入学が決められます。あと先生方からの推薦状も必要ですから良い印象持ってもらうようにすることも大事です。エイジェントには早く相談することオススメです。

1

アメリカの場合は9月入学として、願書が州立大で前年の11月~3月、私立で前年の7月~12月になります。 州立大で具体的な話をします。 願書は大学のHPでダウンロードします。 その他に、TOEFL iBT 85以上のスコア証明書、高校の卒業(見込み)証明書、成績証明書、親の承諾書、高校の推薦書、初年度の授業料・生活費相当分(約600万円)の金融機関預貯金残高証明書が必要です。 すべて英語表記。 入学試験はありませんので書類選考のみです。 日本の普通高校を卒業できるレベルであれば、州立大の学力には何ら問題ありませんが、日本人が不得意なのは英語力です。 英語での授業ですから当たり前ですが。 ココで問題になるのがTOEFL iBT 85以上のスコアです。 難しいですよ。 多くの日本人が取れずにコミカレに行くか英語スクールで妥協してしまいます。 コミカレから編入も出来ますが、自由なアメリカの生活に慣れ勉強を疎かになり編入確率は10%ぐらいでしょう。 話しを戻しますが、無駄な時間とコストをかけないように今からTOEFL iBT の対策の猛勉強をしてください。 試験は毎月行われています。 高校3年になったら、少なくとも10つのエージェントと面談し1つを選んでください。 都内にお住まいでしたら渋谷や新宿に大手が沢山あります。 良いエージェントは、やはり実績です。 OBからの沢山の評価を公表し、OBとの無料相談会をしている会社が良いです。 何故なら、ホームステイ先選びも重要ですからOBの経験談は欠かせません。 そして、9月中までには大学を絞った方が良いです。 そして遅くとも、志望校に提出する必要書類を10月中に揃えることです。 最後に、1年間の授業料・参考書等は220万円、生活費は260万円(ホームステイ、昼食費、通学費、通信費、お小遣い)かかります。 帰宅旅費、研究費、部活は無しで。 ですから卒業までに2,000万円~2,500万円かかりますから、ご両親とご相談してください。

1人がナイス!しています

3

1)資金2000万の予定ができてから 2)TOEFL80をとってから 上記ができれば、可能なら高校2年の夏、 遅くとも高3の夏まで。 ただし、1)と2)ができていないなら、無駄 だから、日本の大学にいくべき。

3人がナイス!しています