ID非公開

2020/9/14 19:33

33回答

オーディオ系のYouTuberについて

オーディオ系のYouTuberについて ちょっとした疑問です。 エレキギター界隈であれば シールドケーブルの違いや弦の違いなど 聞いても分からないかもしれないレベルの 微々たる差を検証する動画は沢山ありますが ヘッドホンやスピーカーのエージングによる ビフォーアフターの検証をしている動画が 全くないのは何故でしょうか。 ※スピーカーであればマイク録音できるはず オーディオ系のレビューなどで口を揃えて 「エージング」という言葉を用いるのに 検証動画がない事が不思議です。

ベストアンサー

0

色々な差異を論理的に説明するのが大変だからでしょうね エージング前のヘッドフォンの音質と、エージング後の ヘッドフォンの音質の違いを、論理的に説明するのは大変です 測定してデータにして表現する そんなことは素人さんには 難しいのじゃないですか 難しいから皆さんやらないだけです 今の時代でも音の違いだってデータとして表せないのだから まあ難しいですよね スピーカーコードの音質の違いが こういう理由で差があるって文章観たことあります? そういう面倒なこと誰もやらないのです 結果が出ないことが判っているから。 だからオーディオでも迷信みたいなことがはやるんですね。 逆にすべての結果が判ったらメーカーは大変ですけどね。

その他の回答(2件)

0

質問者さんの言われる通り、 エージングの効果を検証するとなると、空気録音(スピーカから出る音をマイクで録音する。一度空気を通した音を録音するので空気録音と呼ばれている)で検証することになります。 Before エージング前の空気録音 After エージング後の空気録音 購入した当人がお金を払っているので微々たる差でも気づく。 でも空気録音では差がわかりにくい。って事なのでしょうね。 あとは、鳴らす季節や時間帯によっても有利不利がありますので、全く平等な条件というのはありえないと思っています。 極端な例を挙げると雪が降った時は周りがとても静かですが、こういう時は視聴するのに大変向いています。逆に昼は周囲の電波や雑音が飛び交っていて、視聴するのに向いていません。そのようなギャップをなくすためシアタールームを作るのでしょうが、シアタールームを持っているオーディオ系ユーチューバーは業者さん以外ではあまりいないでしょうね。

0

オーディオは、動画では伝えることができない持ち主しかわからない心理的な体感があるから。 心理的要素は動画では伝えることができない。