もし日本のスマホの使用料金が世界基準になったら、携帯会社ではサービス残業やリストラが横行しちゃうんですか?

もし日本のスマホの使用料金が世界基準になったら、携帯会社ではサービス残業やリストラが横行しちゃうんですか?

ベストアンサー

1

サービス残業やリストラが、横行する恐れがあると考えます。料金値下げ時と、値下げ後に分けて考えます。 ①料金値下げ時 値下げ前後で、作業が発生すると考えます。システム変更、顧客への案内、具体的な現状業務を変更する為の業務などが発生すると考えます。値下げなので、その作業に費用を発生させる訳にはいかないので、サ-ビス残業が横行する恐れがあると考えます。 ②料金値下げ後 利益が減るので、人件費削減=リストラが横行する恐れがあると考えます。人員が削減されても、料金値下げによって業務量が減ることは考えにくいので、少ない人数で従来業務をこなさなければならず、①で一時的に発生したサービス残業が、急になくならない恐れもあると考えます。 従って、サービス残業やリストラが横行しちゃう恐れがあると考えます。 日本のスマホの使用料金を世界基準にすることは、新政権の看板施策なので、このようになってはならないと考えます。ご質問は、とても困難な課題であると思います。 過去の種々激変緩和措置のように、「段階的に引き下げる」、「特例を設ける」などの、最悪な手法が行なわれる恐れがあると危惧します。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

変化する過程で、いろいろな問題が発生する可能性はあります。 まずは、利益が大幅に減るので、リストラを行うために、組織改革が行われます。その際、人が先に減ってしまった部署で仕事内容の改革が終わるまでは、残業が増えることになります。利益が減ってる状態でリストラ実施中なのでいくらかのサービス残業を発生させて給与総額を抑える手法がとられる可能性があります。 また、販売店などの、小規模事業者たちは、堂々と利益亡くなったからってサービス残業を横行させると思います。 その後、安定すればゼロにはならないにしても、問題として大きく取り上げられない程度に減ると思いますよ。雇用もその分減ってるとは思いますが。

1人がナイス!しています

0

別に労働時間が増えるわけでは無いのでサービス残業とかは変わらないのでは? 単に収益が減るだけですから、賃金は減る可能性はありますが、AI化などが一番しやすい業界でもあるので、結果としてリストラは増える可能性はありそうですね。