回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/15 0:05

11回答

私の一行大賞の作文について。

私の一行大賞の作文について。 選んだ言葉は「朝から雲一つない文句なしの晴天に恵まれていると、それが最初から当たり前のように思えて、すぐにそのありがたみなど忘れてしまう。」 です。 理由を含めてだったので、一応始めの3行を入れました。 高一です。 明日までの宿題なのですが、文章が上手くまとまりません。 あと107文字減らさなければならないのですが、どこを消せばいいのでしょうか? また、なんかポエムっぽくなって気持ち悪いので沢山のアドバイスが欲しいです。 (沢山のアドバイスを貰うために、一応書いておきます。事故は本当のことですが、家庭環境は良くないですし、父は自分のことばっかりで子供のことなんて何も考えてません。実際仕事なんてしてないです。事故起きた時もあのまま死んでしまったら良かったのにと思っています。ただ、一行大賞の作文を終わらせるために作った作り話です。) ↓↓↓ 友達から借りた本を読み始めてまだ2頁の所にこの文章が私の目に飛び込んできたと共に、家族のこと、2年前の出来事が思い出された。 天気に晴れや雨・くもりがあるように、私生活も勿論浮き沈みがある。 朝・昼・晩と美味しいご飯を作ってくれる母親。 優しくて、時々叱られるけど頑張り屋でムードメーカーの弟。 いつも夜遅くまで働いて、疲れて帰ってくるのに、私達子供のことを一番に考えてくれる父親。 そんな家族がいることが当たり前のように過ごしてきたけれど、この生活は「晴天」であり、いつまでも続く訳ではない。 丁度2年前の事だった。父がタクシーに轢かれて少しの間ではあったが入院することになった。 父は家でよく喋る方だからか、父がいない間はとても静かで物寂しいものだった。 救急車に運ばれ、一命を取り留めたが、これまでの生活は当たり前ではないと気付かされると共に、沢山のものにありがたみを感じることが出来た。 父は今でも松葉杖を使わないと歩くことも出来ないが、生きていてくれて本当に良かったと思う。 大切なものは失った時に初めて気付く。 そうならないように、毎日悔いのないように、小さなことでも一生懸命に、大事にして生きていきたい。

回答(1件)

0

「大切なものは失った時に…」とあるけど、何を失ったのかが具体的でない。生活が以前の当たり前でなくなった、なにが? 出来事の経過はザックリ削って、心持ちの変化に筆を割いたほうが良さそう。 作文の出来不出来はともかく、字数減らしを重視するなら、友達から借りた本て情報は必要だろうか。 2年前の出来事が…、丁度2年前の事だった…と2回出てるのは無駄ぽい。 冒頭で、文章が目に飛び込んで来たと同時に、2年前に父が自動車事故で入院した時を思い出した、まで書いてしまうとか。

ID非公開

質問者

2020/9/15 14:00

ありがとうございます!! そうですね! (そもそも自分自身が何を失ったのか分かってないです笑(お父さんは死んでくれたら良かったのにと思ってしまっているので、、)) 凄く勉強になります!ありがとうございます!