初代ウルトラマンの歌について意見をください。 ♩光の国から ぼくらのために 来たぞ われらの ウルトラマン 「ぼくらの」と言いながら、すぐ後で「われらの」と言っている。

初代ウルトラマンの歌について意見をください。 ♩光の国から ぼくらのために 来たぞ われらの ウルトラマン 「ぼくらの」と言いながら、すぐ後で「われらの」と言っている。 これはいったい、どういうことなんでしょうか。 単調にならないよう、一人称複数形を言い換えているだけなのか? それとも「ぼくら」と「われら」はまったく別ものなかのか? ずっと疑問に思っていました。 以上、屁理屈でけっこうですので、ご意見よろしくお願いします。

特撮 | 邦楽70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

4

冗談で回答します。 講談社から出版されていた少年誌「ぼくら」に掲載されるために、 我らのウルトラマンは光の国からやってきたのです。 勿論ウソです。

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。ジョークでありながら、実は核心に迫っているかも知れない貴重なご意見でした。

お礼日時:9/19 22:22

その他の回答(4件)

1

この歌詞は何度も聞いていますが、指摘されるまで気がつきませんでした。 ウルトラマンは、怪獣から守ってくれる、大人も子供もひっくるめた人類の味方という意味でわれらのウルトラマンという存在、表現なのだと思います。 2番の歌詞には正義のためとありますが、われらのウルトラマンが、正義とか子供であるぼくらのためという、特別な目的のためにやって来たという意味で、似たような言葉であっても、表現を変えたのだと思います。 後は、他の回答者様の回答にもある様に、撮影時には放送されるかどうか不明でもあったほどの「ウルトラQ」を、最終的に取り上げてくれた講談社の漫画雑誌「ぼくら」に対する敬意を込めたところも、あったかもしれません。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 漫画雑誌「ぼくら」とウルトラQとは、そんな経緯があったのですね。知りませんでした。 そういえば、ウルトラマンのオープニングで例の渦巻きが現れ、タイトルが先に「ウルトラQ」と表示されることについても、ずっと疑問に思っていました。もしかしたら「ウルトラQシリーズのウルトラマン」という態にして、遠まわしに「ぼくら」への感謝を表していたのかも知れませんね。

3

1コーラスだけでみると不可解ですが、「正義のために」「地球のために」と続き、ウルトラマンの戦う「大義」を示します。 すると「われら」がダブるのも妙ですし、オオサビの「来たぞ我らのウルトラマン」は崩したくない… 「我らのウルトラマンは僕たちの為、正義の為、地球の為に戦ってくれてるんですよ!」を分割するとこうなっちゃった、ということで… 因みに「仮面ライダー」の「レッツゴー!ライダーキック」では「我らを狙ねらう黒い影」「我が友ねらう黒い影」「我が町ねらう黒い影」としています。

3人がナイス!しています

因みにウルトラマンが戦ったのは「ぼくら」でも「正義」でも「地球」のため、何れでもなく、ひとえに「ハヤタのため」であったことはマニア間では広く知られています。

0

ホシ隊員を殺しちゃったからだっけ

ありがとうございます。 質問の主旨とは若干違うようですが、おかげで別の問題点が見つかりました。つまり、ご回答を「ウルトラマンがいったい何のために地球に留まったのか」という問いかけに対する答えだと解釈すると、(ホシではなく)ハヤタ隊員の命をつなぐためですので、「ぼくら」ではなく「ぼく」でよかったのかも知れません。

1

曖昧ですが、 「ぼくら」少年たちのために 「われら」尚且、社会一般のために と思って自分を納得させてきました。 まあ、「百萬馬力の腕力で大地を蹴って空を飛ぶ」 (ウルトラマンの歌)もあったんで・・・

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 子供である「ぼくら」を守るために、社会一般では「われらのウルトラマン」と呼ばれているヒーローが来たという感じですかね。 けっこう守護対象が限定的で面白いです。