イスラム教・ヒンズー教の長所は何がありますか?

イスラム教・ヒンズー教の長所は何がありますか? 欠点ばかりが見えて。一部の特権者達ばかりが甘い汁を吸い、無知な信者を騙して殺し合いをさせてていた戦国時代の日本や中世ヨーロッパのキリスト教と変わらないような気がするのですが。 信仰する人の心理がわかりません。。

宗教 | 世界史44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

それを仰るなら、宗教全般の歴史はどれも功罪だらけかなと思います。そんな宗教のネガティブ面がよく見えるようになって、近〜現代に入って無神論や宗教ノンポリが急増したワケですが。 以下、信仰ではなく社会論として考察します。 どの宗教も大規模なものになると、その道徳規範は民族、国家レベルで守ることになります。宗教教義が国家のあり方を解く場合も少なくありません(嫌な言い方をすると、宗教組織が国家運営に口出しする事もあります)。そこで守られるのは『秩序』です。 その地方の宗教教義や戒律を守る事によって秩序や治安は守られ、それが文化文明の発展に寄与するんですね。一方で、その教えがウソだったとなると、その秩序もあっさり崩壊します。『神』という絶対基盤を失うと、思考は多様化しますが、まとまりや一帯感が薄れ、コミュニティが混乱や消失などの結果に陥る事にもなりかねません。(これを『無秩序』とするか『自由』とするかは、各人の責任で判断すべきでしょう。) 都市部に暮らす人間にとって社会とは、基本的にお金があれば一人でも生きていけるものなので(都会ほど孤独好きな人間は多い)、コミュニティの重要性に気が付かない事もあるでしょう。しかし集落などは、みんなで力を合わせなければ生きていくのが難しくなります。そんなコミュニティを形成、維持する為に一番心情に訴えるのが、神仏に頼る方法をみんなで共有する事です。つまり宗教が発展するんです。 例えばヒンドゥー教のコミュニティ。彼らは結婚式など事ある度に盛大なパーティを開き、数百人規模に膨れ上がります。しかしその構成員は、同じ宗教や同じ村落、同じ親族、同じカースト……と、自分の身内に限定され、部外者とは食事を共にしないのが習わしです。こうして身内同士には結束力を促す一方で、同時に総括的には分断を助長しています。 イスラームのコミュニティに関しては、地方ごとに決まり事が異なり一概には言えませんが、やはり厳しい気候や貧困に苦しむ場所ほど、コミュニティは強くなるように思えます。結束力が強くなれば当然戒律も厳しくなり、それが守られない者は疎外(極端になれば追放あるいは処刑)される地方もあります。 しばしばヒンドゥーやイスラームのコミュニティで世界的に批判される事のひとつに、男尊女卑の傾向があるという点が挙げられます。それ自体は私も首を傾げる部分はあるものの、そのコミュニティや秩序を通して厳しい生活を生き抜いてきたという歴史もあるという点は見逃すべきではないでしょう。…もっとも、その伝統が今の時代に合うかどうかは別問題ですよ。 もうひとつ考慮したいのは、この『伝統』という要素です。 伝統は良くも悪くも、理屈抜きで継承されます。上の男尊女卑など、部外者が理不尽にしか見えないものは悪しき伝統として語られる一方で、長い歴史を通じて継承された思想や工芸、芸能などは当事者の誇りともなり、それが部外者には多様なエスニシティとして魅力的に映る事さえあります。 「伝統を守るべく、先祖伝来の宗教や神々を守りたい」という信者の気持ちは、よくわかります。これが、信者たちが信仰を棄てないアイデンティティのひとつにもなってます。それが害悪な結果にならない限り、この気持ちは尊重すべきでしょう。 更に言えば、それぞれの宗教教義や世界に魅了され、部外者が信者になるというケースももちろんあります。有名な例では、ヒンドゥーに傾倒したビートルズなど(ジョージ・ハリスン以外すぐやめたけど)。イスラームも、世界的に広がるコミュニティに感化され信者になる人もいます。 (恐らくここが質問者様の一番気になる点でしょうが、それは他の回答者様にお任せしましょう!) 質問者様にお勧めしたいのは、信仰の理由まではわからなくても、その気持ちをわかってあげようとする積極的な姿勢を持つ事です。きっとこれまでも、そのようなご配慮は身近なところで示して来られたと思います。仰る通り、宗教体制がこれまで犯した罪に目を背けるべきではありません。ですが純粋な信仰の心には、これからも引き続き敬意を払って頂けるなら、いずれはご質問の回答を知る機会を得る事になると思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

別に分からなくてイイと思うよ。 イイところはあるけど、アナタには向いてないと思う。

0

わからなくていいと思いますよ。 ただあなたの見ている欠点がイスラムやヒンズに普遍ものかどうか考えてみてください。

ちなみに私には進行はありませんが、ヒンズー教寺院とモスクを合わせると150カ所位は訪問しているんじゃないかな。家庭での信仰は知りませんが寺院、モスクでの信仰は目の当たりにしています。

0

宗教は、長所があるから信じるものではなく、それが世の真理であると思うから信じるもの。信仰する人の心理は、世の真理がそれであることを前提に、自分が救われるためにどう行動すべきか考えて、それを実行しているのです。