欧米人の動物愛護精神について詳しい方教えて下さい。 まずは下の記事をお読みください。

欧米人の動物愛護精神について詳しい方教えて下さい。 まずは下の記事をお読みください。 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%AB%E6%A0%B9%E4%BB%98%E3%81%8F-%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%A8%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AF%E5%90%8C%E3%81%98-%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%84%8F%E8%AD%98-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80-%E5%85%85%E5%AE%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E6%95%91%E6%80%A5%E6%85%8B%E5%8B%A2-%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%8B%E3%82%89/ar-BB192Ea3?ocid=msedgdhp 「人々に根付く「動物と人間は同じ」という意識 オランダ、充実する動物の救急態勢【世界から】」 他にもロブスターは痛みを感じるから行きたまま調理するのは禁止とかいう話もちょっと前に合ったかと思います。 まあ、私も動物だからといって虐待したり無駄に殺したりして良いとは思いませんし、自分のペットに対して家族同等に扱うという気持ちもわかります。 でも、欧米人のこう言う話を見るにつけ、「自分たちで偽善だと思わないのかな?」という疑問を感じてしまいます。 血の滴るレアステーキをほうばりながら、「たとえ小鳥だろうが生き物なんだから人間と同等に扱わないと」なんて言っているようなもんですよね。 まあ、ビーガンとかいう考え方もありますけど、それにしたって植物は良くて動物はNoというのも違う気がしますし。 十字軍なんていう矛盾の塊みたいなことを平気でやってきた人たちですから、今更…なのかもしれませんが。 なお、こういった行為・考え方の是非を論じたいわけではなく、欧米社会ではこう言うことに対して「偽善だよね」っていう意見が出てこないのかな?という点について教えていただきたいというのが、今回の趣旨になります。 特に欧米在住の方とか、欧米人のお知り合いが多い方など、肌感覚を理解されている方に回答いただけると幸いです。 よろしくおねがいします。

海外生活 | 国際情勢59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

3

誰だったか、アメリカのルポの本に、アメリカはサイレントマジョリティとノイジーマイノリティで構成されていると書いていました。 我々は、声高に時に威圧的に意見を主張する少数派に目が行ってしまい、その陰にいる静かな多数派の考えもそれと同じであるという間違ったとらえ方をすることが多いのです。 欧米人にもそれは偽善だと考える人はいます。そしてそれが一般的な感覚だということがわかっているのです。しかし、その反論をあえて騒々しい少数派にぶつけていらぬ論争をすることの愚がわかっているだけです。

3人がナイス!しています

ありがとうございます。 やっぱそう言う感じなんですかね。 であればまあ日本人と(多くの一般人は)あまり感覚に違いがないってことなのでしょうけどね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました^^

お礼日時:9/27 20:09

その他の回答(4件)

1

優しさの心が及ぶ範囲には限界があります。 正確に言えば「各々が自ら限界を設け、その内側に優しさを与えている」ということです。 そうしないと、身近で大切な人に十分な優しさを届けることができなくなるからです。育児放棄してボランティア活動することを尊いと言う人はいないでしょう。 この限界設定に正解はありません。広すぎると前述の育児放棄のようになってしまいかねませんし、狭すぎるとモンスターペアレントのようになってしまいます。 前置きが長くなりましたが、動物愛護はその限界を動物まで広げているということです。その中でもビーガンから「肉は喰うけど装飾品用の狩猟には反対」とか「動物実験だけは反対」とかいろいろあって、一枚岩ではありませんし正解はありません。 下の回答者が「植物には神経も内臓もない。豚を解体してみろ」と言っていますが、人間に近い反応を示す動物の解体に感性が抵抗するのは正常な生理反応であり、理性がもたらす正解とは無関係です。 お互いに自分の解答をもっているだけであり、押しつけることはできません。ただ、愛護主義者にとって他人が動物を殺すことを黙認するのは価値観に反するので、批判しています。彼らは彼らなりの正しさをもって行動しており、偽善ではありません。 ちなみに私はやさしさの限界を厳密に「人間まで」と定めていますので、肉食も動物実験も賛成です。生態系に影響をおよぼす乱獲には反対ですが、それも人間のためです。動物虐待は侮蔑しますが、それは歪んだ精神への侮蔑であり、動物への同情ではありません。 愛護主義者の主張を撲滅しようとは思いませんが、彼らが日本を変えてしまいそうになったら抵抗します。

1人がナイス!しています

質問の仕方が悪かったかもしれませんが、他の方へのコメントでも書いている通り、その是非を論じたいわけではないのですよ。 結果的に矛盾を内包していることは事実なわけで、それに対して「疑問の声が上がらないのか?」という質問です。 日本にも動物愛護法とかや野生動物保護法とかはありますけど、おそらく範囲を広げようとしたら、疑問の声が上がると思うんですよね。 範囲を結構限定している今の法律にも異を唱える声はそこそこあるくらいですし。 まあ、他の方の回答で、実際は異論もあるけど見えていないだけという指摘がありますが、そう言うところを肌感覚としてご存じの方の回答がほしいなと思っての質問です。 ちゃんと異論は異論で出ていて…なら特に問題は感じません。

4

何が偽善ですか?動物たちの痛みに寄り添い出来る限り苦痛を排除していくというのは普通の愛情ですよ。アジアの衛生状態が悪くて欧米の景観が美しいのも皆で協力して良い物を作っていこうという民度が無いから。アジア人は民度が低いんですよ。それに十字軍はその前にイスラーム帝国による圧迫があったしイギリスやフランスもノルマン人の侵入で一筋縄ではいかない辛い歴史がある。単に欧米人とまとめて大航海時代以降の植民地主義だけで語るのは歴史に無知すぎます。植物は神経も内臓もないし植物と動物が同じだと思うなら道路で大衆が見てる前で人参を切るように生きてる豚を泣き叫ぶ豚を殺して解体してみなさいと私はいつも言っています。同じじゃないんですよ。

画像

4人がナイス!しています

1

そういう記事って、物事の一部を切り取っただけじゃないかなー。 殺処分がゼロだとか、手厚い動物保護制度がよく紹介されるコトが多いドイツじゃ、反面野良犬猫を狩猟として民間で駆除するコトを合法化してて、オマケに猟区に飼い主を伴わないでいる犬、人が居住してる家屋から一定距離以上離れた場所に飼い主を伴わないでいる猫は、飼い犬猫であっても野良とみなされて駆除しても合法っつー制度なのが事実だし。 http://www.ne.jp/asahi/gpca/tokyo/Mook/Article/82_senshinkoku_doitsu1.html オランダも、少なくとも2013年までは野良猫を狩猟として民間で駆除するコトが合法だったみたいっすよ。http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-581.html

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 マスコミの記事はおっしゃるとおり一面を切り取っただけですよね。 それは日本のことを報道する海外メディアとかを見て解って入るつもりでしたが、どうしても感覚的にはマスコミで報道される内容が多数派だというような感覚になってしまいますね。 となると、そもそも前提が崩れてしまいますね^^;

1

矛盾があるのは別に欧米人だけではないですよ。 小鳥や動物たちが苦しんでいれば、やはり助ける日本人は多いです。鶏も牛も豚も殺されるところを見るのは嫌です。いや、飼っている家畜を自分の子供の前で〆て料理をしろと言われてできる現代日本人はまず一般的ではないでしょう。 いや、それ以前に家畜の活〆をできる日本人がどれだけいるか。 人、特に他国の人を批判したり、バカにして精神的に優位な気分を味合うことは、日ごろ精神的に虐げられている方には気持ちがいいことかもしれませんが、見ていてとても悲しくなります。そして軋轢の原因にもなります。 ご注意を。 でもこういう質問をする人は、うんうん、そうだね、本当だね、質問者様気が付いてえらいえらい、という自分が欲しい回答しか求めないのですよね。質問者様がそうでないことを祈ります。

1人がナイス!しています

なんか曲解されているようですが、別に欧米人批判をしたいわけではありませんよ。 単にどういう感覚なのか知りたいだけです。 おっしゃるように、日本人だって、肉や魚を食べますが、直接自分で殺すのは無理だし、目の前で死にそうな動物がいれば助けたいと思うだろうってのはわかります。 そこには何も疑問を感じていません。 直接見えるものとそうでないものは分けて考えるのは仕方のないことでしょう。 疑問なのはそこではなく、↑のようなニュースを見ると、欧米社会では「動物にも人間と同じ権利がある」みたいな言い方をしているケースが多いし、それが揺るぎない正義という感覚が見て取れるってことです。 権利というような言い方をするなら、家畜とペットを分けて考えるのは矛盾してますよね?ってことです。 うまく言えませんが、個人の感情論をそのまま社会規範にして、しかもそれを「正しい」と言い切るような。