投信の分配金について 投信って分配金が自動的に再投資になるのが多いですが分配金が再投資になったら税金掛からないのですか?

投信の分配金について 投信って分配金が自動的に再投資になるのが多いですが分配金が再投資になったら税金掛からないのですか? 例えば10000円分を1口買ったら あるとき11500円まで上がって利益は1500円 決算で1000円分再投資になって 11000円の元本と500円の利益 みたいな感じに一覧でなっているのですが 売却したときは税金はこの500円に掛かるのでしょうか

ベストアンサー

0

投資信託において、 分配金が再投資される際は課税されず、 基準価額に反映されます。 どういうことかというと、 10,000円分の投資信託に対して、1,000円の分配金が発生した場合、 もし、課税されるとすると、 約20%が引かれて基準価額は10,800円になります。 しかし実際は課税されず 基準価額は11,000円になります。 あくまで、分配金が発生して、それが再投資される過程で課税されないだけであり、あなたが買った10000円分の投資信託が、分配金や株の値上がりにより15000円まで値上がりした時点で売却すれば、その差額である利益5000円に課税されます。 その利益の中の構成が分配金かどうかは関係ありません。

その他の回答(3件)

0

投資信託の分配金は解約と同じ意味なので、分配金を受け取ると利益があればその分課税対象。損してれば元本払戻という名目だけど実際には損切りしてるのと同じだから税金は不要。分配金の再投資は毎月分配金部分を再度購入していると言うより、解約していないという理解がかんたんなので、解約していないなら税金の対象にならないだけ。 もう少し簡単に言うと、毎月分配金は基準価額を減らして現金化すること。再投資は基準価額を減らした分口数を増やすから運用資産に変化が出ないということ。

0

混同されてませんか? 1.分配金は自動で再投資されません。必ず「分配金再投資設定」が必要です。 2.分配金を出さない投資信託は、内部で利益を再投資してます。これには その時は課税されません。 3.出すものは、利益から出る「普通分配金」には20.315%課税されます。再投資に設定してあったら、その分減って再投資です。元本から出す「元本払戻金」(=特別分配金)には、課税されず その分個別元本は正確に減ります。 分配金を出さない投資信託は、最終的に売買した時に、利益が出ていれば その分は課税されます。なので1,000円で買ったものが、1,150円に値上がりして売れば、利益の150円に20.315%課税されます。 出すものは、個別元本との差額に課税されます。

0

分配金が普通分配金(利益が出ている)なら、税金が差し引かれた残りで再投資されます(額に相当する口数を買い付ける)。 特別分配金なら、単なる元本の払い戻しですからそのまま再投資されます。