新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

習い事の運営費の概念について 塾を自宅で営んでおります。 コロナ禍にあり、ずっとオンラインレッスンをしております。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。経費に使えることは理解しています。すみません私の書き方が悪かったです。 その先を知りたくてそれを教室運営費用にあてる発想はいいでしょうか、ということです。 つまり、この半年後、生徒は来ていませんが、私はあれこれ必要な備品を揃えました。で、この次の半年もこれまで通り、対面と同じ時の運営費を頂いてよろしいと思いますか?ということです。 大学で、図書館使えないから設備費とるのおかしいという声がありますよね。でも、裏では維持費や職員たちがオンラインに費やしている目に見えない費用があります。 でも、保護者はもしかして、そこに意識が行ってないのなら、我が子は教室のエアコンの風浴びてません。先生の椅子やタブレットはうちの子に関係ないです、先生の好みで買い換えたんでしょう?と思う人はいないかなと危惧したということです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧に詳しく書いて下さりありがとうございました。

お礼日時:2020/9/24 8:41