ID非公開

2020/9/19 0:21

44回答

イラストレーターの仕事について。イラストレーターさんの仕事って基本的に企業や個人の人が項羽ゆうの描いて欲しいというのを描くお仕事で自分が描きたいものを描くお仕事ではないですか?

イラストレーターの仕事について。イラストレーターさんの仕事って基本的に企業や個人の人が項羽ゆうの描いて欲しいというのを描くお仕事で自分が描きたいものを描くお仕事ではないですか? 有名な絵師さんとがでvtuberのキャラクターを描いてる人とかいますがあれは企業さんが求めるキャラクター像を聞きイラストレーターさんが描いた感じですか?それとも自分で描きたいキャラクターを描いて企業さんに採用してもらえる形ですか?イラストレーターを目指してますが企業が書いて欲しいキャラクターを描いて自分が描きたいイラストを描けないんじゃ仕事はあまり楽しく思えなさそうなので趣味にしようと思ってます。どうなんですか?

絵画 | この仕事教えて31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

依頼を受けて、 依頼主の希望に沿う作品を作るという場合も有りますが、 別にイラストレーターが自分の好きな物を描いて、 それを売り込む(提案する)というスタンスも有ります。 また、お客さまからの希望というのが、 必ずしも、詳細に決まっているとは限りません。 漠然とこういう事をしたいというご希望の場合には、 こちらから、こういうのはどうですか?と 提案する事も珍しく有りません。 オーダーを自分の好みの方向に持って行くというのも 営業手腕的な実力の1つなので、 そういうのが好きな人には、 なかなか面白い世界でもありますよ。 イラストレーターの仕事の範囲は、 描くだけに限りません。 (もちろん描くだけの人もいます) 提案する事、新しい物を開発する事も その仕事の範疇に入りますので、 好きな物を描きたいのであれば、 「提案」することを目指して行けば良いのかなと思いますよ。 ご質問に 「キャラクターを描いて企業さんに採用」とありますが、 公募やコンペの場合はそうですが、 一般的な依頼仕事の流れでは、少し違います。 まず、イラストレーターが描く前に 代理店や編集さん等が、 過去の実績やサンプル等を参考に その中から複数人のイラストレーターが客先に提案され、 その複数候補の中から1人あるいは複数が 依頼先として指名されます。 つまり、ここまではイラストレーターが 直接動く事はあまりありません。 過去の実績やサンプルを見て判断されているので、 基本的には、あまり方向性の違う依頼は来にくいです。 (たまに大分方向性の異なる物が来る事もなくはないですが) そして、単純にコレ描いてと来るのではなく、 まず、キャラクターとか、イラストの一部等で 案を数案出して、内容や作風等の具体的な方向性を 何度かのやり取りをして決めて行きます。 そこで、場合によっては、 こちらから提案すると言うチャンスもあったりします。 ですから、 イラストレーターといっても、 単にオーダーの物を描くだけではなく、 そこに至るまでに、いくつものコミュニケーション等を経て、 お客さまや編集さん等と協力し合いながら、 作って行く物だったりもします。

その他の回答(3件)

0

ストックイラストと呼ばれる、 完成品を売る仕事もありますよ。 ただしこれは世間のニーズを 先回りして掴まないといけないので センスの高さが特に求められます。 たとえば今は秋なので そろそろハロウィン向けのイラストが 売れる時期なんですが 今年はコロナのせいで イベントは軒並み中止で 自宅で家族だけで楽しむ ハロウィンがメインになるので 売れるハロウィンイラストとなると スーパーのチラシに添えられる アイコン的なイラストがほとんど。 ですがここを読み違えて 去年同様、 イベントポスター向けの 一枚絵イラストが 売れると思ってると 想像以上に売れなくて 大打撃になるんです。 頼まれて描く仕事だと 事前にお客の要望が聞けるので こういう間違いを回避できるのです。 あなたが自分のセンスに絶対的な自信があるなら ストックの道を選んでもいいですが そうでないなら注文を受けて描く方が むしろ楽だと思いますよ。

1

依頼人第一。お金をもらって仕事をするのだから自分の好きなものしか描きたくないは通用しません。 ただしトップクラスのイラストレーターになれば好きなものを描かせてもらえることはあります。それでもやはり依頼人のリクエストはある程度聞かなくてはいけません。イラストに限らず作品には必ず「コンセプト」「世界観」と言うのがあるのです。それを無視し、自分の好き勝手に描くわけにはいきません。 >イラストレーターを目指してますが企業が書いて欲しいキャラクターを描いて自分が描きたいイラストを描けないんじゃ仕事はあまり楽しく思えなさそうなので趣味にしようと思ってます 誰でも自分の好きなものしか描かずにお金をもらいたい・もらえればいいなと思うものですが、それはまずありえないと思った方がいいです。 このような考えがある限り、絵は趣味に留めるのがあなたにとっても企業にとっても幸せです。依頼に応えられず途中で投げ出す人は多いです。描きたくないものを描かなくてはいけない他に、イラストの仕事と言うのは同じ絵での差分をたくさん描き・リテイクもとても多い仕事です。おそらくそれにあなたは耐えられないはずです。

1人がナイス!しています

0

イラスト制作業務の経験もあるデザイナーです。 クライアント(企業や個人)の要望を丁寧にヒアリングし、その要望に沿ったイラストを高い完成度で制作し納品するのがイラストレーターの仕事です。 自分の描きたいものを自由に描いてそれを売って生計を立てるのは画家であり、イラストレーターではありません。 >自分が描きたいイラストを描けないんじゃ仕事はあまり楽しく思えなさそうなので趣味にしようと思ってます。どうなんですか? とのことですが、これならばイラストは趣味にした方が良いですね。 現在は、ネット上や同人等で自分の好きなものを自由に描いて売って収入を得ているアマチュアのデジタルイラスト描きの方も多く、そう言った存在はここ10年程ですっかり市民権を得て久しいので、趣味のイラスト描きとしては彼らの立ち回りを参考にすれば、趣味で楽しく描きつつも金銭的利益も享受できて良いかと思います。