ID非公開

2020/9/19 9:27

22回答

今年はコロナ渦だったり、地域によっては長期休暇日が違ってたりすることもありますが、通年では小学校は7月24日~8月31日、12月24日~1月7日、

今年はコロナ渦だったり、地域によっては長期休暇日が違ってたりすることもありますが、通年では小学校は7月24日~8月31日、12月24日~1月7日、 3月24日~4月7日が休みですよね。 つまりその間は小学校の先生は何してるんでしょうか? ずっと休みで家に居る事が多いのでしょうか?

小学校16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

学校の教員は、子どもが休みの間でもきちんと給料が出ますから、毎日きちんと勤務する必要があります。 平常の年は、夏休みなどはほとんど毎日が研修会が続きます。 教員の指導力などを向上するための研修会です。これは強制参加ですので、サボることはできません。 また校内の、各種の教材の整備点検などの作業もあります。 また学校によっては部活動が有りますね。 そうゆう点でかなり忙しいですよ。 冬休みは、約2週間ですが、中1週間は年末年始の休みになります。そのほかの日はこれも当然、勤務日ですし、夏休みほどではありませんが、研修会も開かれます。 春休みは、学年末の書類などの整備や、新年度の準備で大忙しですね。 夏冬春休みの中で、一番忙しい時ではないでしょうかね。 ゆっくりと家にいるなんてことは到底できませんよ。 考えようによっては、授業のある時の方が楽な感じですね。 授業があれば、子どもが学校にいますから、冷房や暖房が入りますが、この期間は子供がいませんから、冷房・暖房は入りませんからね。 小さな石油ストーブ一つで仕事をしなければなりませんからね。 夏は余計に大変ですよ。最近は猛暑がすごいですからね。 窓を開けて、小さな扇風機での仕事は地獄ですよ。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

児童が休みの時でも、教師はちゃんと学校に来てるんですね。 教えてくださってどうも有難うございました。

お礼日時:9/19 11:09

その他の回答(1件)