今年のチェルシーはヴェルナー,ツィエク,チルウェル,サール,シウバ,ハフェルツ獲得とビッグ補強をしました。

今年のチェルシーはヴェルナー,ツィエク,チルウェル,サール,シウバ,ハフェルツ獲得とビッグ補強をしました。 チェルシーはリヴァプール&マンCの2強時代を崩し、プレミア優勝出来るでしょうか?

ベストアンサー

1

先日のチェルシー対リヴァプール戦を観ましたが、まだプレミア2強とは差があるように感じました。 特に「トラジションの攻防」「ビルドアップとビルドアップに対するプレスの攻防」ではリヴァプールに圧倒されてしまいました。プレミア2強と対等に戦うためには、この2つの攻防で昨シーズンのCL決勝戦(バイエルン対パリSG戦)と同等のレベルがチームに必要だと思います。 続いて新戦力についてです。リヴァプール戦にはティモ ヴェルナーとカイ ハベルツが先発出場しました。しかしリヴァプールのプレスが強烈でチャンスが少ない上に、上手くプレスを突破してもリヴァプールの帰陣が速くファビーニョも睨みを効かせており、組織的な攻撃を行うにはかなり難しい状態でした。また、クリステンセン退場の影響でハベルツは前半のみの出場となってしまいました。正直、新戦力に関してはまだまだ未知数であり、別の回答者様も仰っていますが、最適解を探っている状態だと私も思います。 現状プレミア2強とはまだ差があると思われるチェルシーですが、積極的な補強により戦力的に上積みされたのは間違いありません。ランパード監督の指導力次第ではプレミア2強に追い付く事も不可能ではないと思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご詳しく解説いただきありがとうございます!やはり、プレミア王者:リヴァプールの強さは伊達じゃありませんね。

お礼日時:9/23 16:38

その他の回答(2件)

0

チェルシーファンですが少なくとも今シーズンは難しいのではないでしょうか。 確かに補強が上手くいきましたが、選手が多く加入することはチームが強化する反面、それにあった戦術を模索しなければなりません。実際今シーズンは4-3-3から4-2-3-1へのシフトなどまだ最適解を探っている状態です。クロップのリヴァプールもサラーなどが加入したシーズンはある程度躍進しましたが開花したのは翌シーズンでした。ですので今シーズンは優勝を多少意識しつつも、新加入選手と既存の選手がうまくマッチする戦術を模索して、来シーズンに勝負という感じだと思います

0

机上の空論なら優勝してもなんら不思議ではないスカッドです。 補強ポイントも的確ですしね。 ただGKが不安定なクラブは絶対優勝できません。 そしてチェルシーはGKが不安定なクラブです。笑 そのラストピースを埋める事ができれば私はチェルシー優勝と予想します。

確かに、ケパが不安ですね。オナナとかドンちゃん(ドンナルンマ)辺りを補強できればよいですね。ですが、ドンちゃんはミランにいてほしい。