天体観測に興味が沸いたところ、先日知人に昔の天体望遠鏡をもらいました。

天体観測に興味が沸いたところ、先日知人に昔の天体望遠鏡をもらいました。 調べてみると余り評判がよくないらしいパノップ製の反射式望遠鏡(15mm?)らしいのですが、頂いた手前かつ初心者なのでしばらく使ってみようと思っています。 ただ、重いので木製の三脚から軽いアルミ製の三脚に、あと赤道儀も新しいのに変えたいと思っています。 鏡筒部分のみを生かして新しいものに変更って可能なのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃりましたらおしえて下さい。 よろしくお願いします。

天文、宇宙27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

>鏡筒部分のみを生かして新しいものに変更って可能なのでしょうか? 基本的にできません。 三脚と架台の接合部分や、三脚と架台の接合部分、鏡筒の太さなどには共通規格が存在しません。 仮にAmazonでアルミ三脚をポチったところで、寸法が全然違いますので、赤道儀の取り付けができません。鏡筒バンドも、直径がたまたま±1mmぐらいの誤差に収まるなら付けられますが、直径が数mm違うと使えません。 鏡筒バンドと赤道儀本体を接続する規格は現状 ・ビクセンのアリガタ・アリミゾ ・タカハシのM8ネジ ・Losmandy/セレストロンCGE規格のアリガタ・アリミゾ の3種類あります。それ以外はメーカー独自規格です。 結果的に、鏡筒、赤道儀、三脚の全部が新品になってしまうので、現状のまま一通り使ってみて、天文にハマったら全く新しい望遠鏡の購入を検討した方がいいです。

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧な回答頂きありがとうございます。そういうものなんですね。 知人から頂いた手前もあるので、現状のまましばらく使ってみてハマったら新しいのを購入するように致します。

お礼日時:9/19 20:06

その他の回答(1件)