Sunday → Sun → 太陽 → 日 Monday → Moon → 月 Saturday → Saturn → 土星 → 土 なのかなと思います。

Sunday → Sun → 太陽 → 日 Monday → Moon → 月 Saturday → Saturn → 土星 → 土 なのかなと思います。 では Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday が、 それぞれ なぜ 火、水、木、金 なのですか?

英語 | 天文、宇宙94閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

1

曜日の呼称は、おおむねどの文化圏でも太陽の曜日、月の曜日、惑星の曜日(火星の曜日、水星の曜日…)という名前です。 惑星自体の呼称ですが、惑星を神の名前で呼ぶ習慣はシュメール人の時代からあります。しかし「惑星の曜日」の呼称は、文化圏を伝播していく中で自分たちの神に呼称が変化していきました。 英語は、惑星名と曜日名が一致していません。これは: 火:戦いの神Mars→ゲルマン民族の戦いの神Tiuに変換→Tuesday 金:愛の女神Venus→愛の女神であるFreyaに変換→Friday 木:最高神Iupiter (Zeus) →雷を操ることから雷神Thorに変換→Thursday 水:神の中核的存在であるMercurius→中核的な神であるWoden (Odin) に変換→Wednesday という変化をしているため。 一方、日本の曜日の呼称は、平安時代に弘法大師が伝えた宿曜経(すくようきょう)に基づいています。七曜は日月五星であると書かれていて、五星の呼称について、五行説と結びついている惑星の名前(火星、水星、木星、金星、土星)を当てたことで、今の曜日の呼称となっています。 ちなみに宿曜経を伝えた本家の中国は、現在では曜日が番号で呼ばれますが(月曜日が星期 一、火曜日 が星期 二、土曜日が星期 六)、宿曜経には、いくつかの言語で惑星の名前が書かれているため、番号で曜日を呼ぶ形式はペルシア語(波斯名)に由来すると思われます。 > Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday が、それぞれ なぜ 火、水、木、金 なのですか? …ということで、直接の関係性はありません。 http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/CDD7C1C72F1BDB5B4D6A4C8A4CFA1A92FCDCBC6FCA4CECCBEC1B0.html

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私の疑問に対して、的確なご回答、ありがとうございます。

お礼日時:9/20 6:48

その他の回答(4件)

1

Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday が、 それぞれ なぜ 火、水、木、金 なのですか? 英語で考えるとわからないはずです 仏語では星の名と一致しています Mars 火星 Mardi 火曜 Mercury 水星 Mercredi 水曜 Jupiter 木星 Jeudi 木曜 Venus 金星 Vendredi 金曜

1人がナイス!しています

0

英語から訳されたのでは無く、中国語での七曜を流用したためです(ただし当時の密教由来の呼称であり、現代の中国での一般的な呼び方とは異なる)。 そもそもの曜日が、その当時の天文学(天動説、地球の周囲を太陽や月、各惑星が周回する)が基準に作られていました。 あくまで、この古代の天文学上でのことですが(実際と異なる)、各天体は一定の周期で地球を回っているために、1時間ごとに真上に来る天体は切り替わります。 この時間ごとの天体を守護星と考えていました。 1日は24時間なので、7個の天体が順番に回ると翌日のはじめには前日と異なる天体柄からスタートします。 後の時代に、「その日最初の守護星」を、その日1日の守護星と見做すようになります。 この「その日の守護星」が曜日であり、当時は天体そのものの名称です。 これが各地に伝搬していく経過で、各言語や、その土地の神話の神々に置き換えられていきます。 (先行する回答にあるのは、その置き換え後の神の名前の話です) 日本の場合には、前述通り中国の密教経由で名称を流用したため、英語からの翻訳などにはなっていません。

0

実は、英語曜日の名前の由来は、Sunday、Monday、Saturdayが「ローマ神話」から、Tuesday、Wednesday、Thursday、Fridayは「北欧神話」の神々の名前からきています。

Tuesday、Wednesday、Thursday、Fridayは「北欧神話」の神々の名前、だということは分かりました。ありがとうございます。 私の知りたいことは、 なぜTuesdayが「火」と訳されるのか? なぜWednesdayが「水」と訳されるのか? なぜThursdayが「木」と訳されるのか? なぜFridayが「金」と訳されるのか? です。

0

“曜日の名前は『太陽(日)』や『月』、5つの惑星に由来する”ということを踏まえると、『Sunday』は“Sun(太陽)のday(日)”、『Monday』は“Moon(月)のday(日)”というのはイメージ出来るかと思います。 それに対して『Tuesday』、『Wednesday』、『Thursday』、『Friday』の4つの曜日は、『北欧神話』が由来だそうです。『Tuesday』は“軍神(戦争の神様)”の『チュール』から来たとされています。『チュールの日(チュールデー)』が変化して『Tuesday』です。 『Wednesday』は『北欧神話』の中でも、中心的な存在の神様『オーディン(Odin)』から来ています。この『オーディン』が『ウヲーデン』や『ウエンデン』に変化して最終的に『Wednesday』となったそうです。そんな『オーディン』の息子の一人が、『Tuesday』の由来となった『チュール』です。 『Thursday』は『北欧神話』の”雷神”の『トール(Thor)』が由来とされています。『トールの日』ということで『Thor’s day』となって、さらにそれが変化して『Thursday』になったと言われています。この『トール』も『チュール』と同じく、『オーディン』の息子です。 曜日の由来です。 https://grapee.jp/522541

私の知りたいことは、 なぜTuesdayが「火」と訳されるのか? なぜWednesdayが「水」と訳されるのか? なぜThursdayが「木」と訳されるのか? なぜFridayが「金」と訳されるのか? です。