ID非公開

2020/9/20 2:49

55回答

LC500コンバーチブルについて皆さんのご意見を聞きたいです。

補足

皆様多数のご意見ありがとうございました。 今のオープンカーを売却して、LC500コンバーチブルを 購入したいと思います。

自動車 | 新車359閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

質問者様:「① LC500コンバーチブルは、現在売れ行きはどうなんでしょうか? 購入したけれど1代で消えていくというのはメンテナンス的に不安といいますか・・・・・・・」 レクサスのSCは、アメリカでは何代か続きましたが、LEXUS BRANDを日本導入後にソアラから改名して、LEXUS SCになったモデルで、SCは終焉しました。 RCも後継はなさそうです。 だから、LCも一代限りで、終わる可能性はあります。 メンテナンスは、汎用性のない販売台数の少ない車種に立ちふさがる宿命です。ネオクラシックFerrariなんて悲惨です。LCも売れる数は相対的に少ないですし、パーツ取りの車が用意できそうなモデルでもないかと。 ただ、故障自体フェラーリは勿論、BMWやメルセデスよりかなり少ないので安心できます。発売してからしばらくは、消耗品などは手に入るでしょう。 売れ行きについて:LCカブリオレは、レクサスの高額オープンとしては売れています。特に北米では、レクサスブランドがプレミアムブランドとしてリスペクトされているのが大きいでしょう。そして、デザインも良いです。 ライバルのBMW 8 カブリオレや、メルセデス S カブリオレに比べると、マルチシリンダーNAという点が大きく違います。音はLCが一番良いかもしれません。 LCカブリオレに5.0L V8 477psのスポーツエンジンしか用意されないのは、幌を開けて、エンジンサウンドを楽しんで欲しいからです。 乗り心地は、スポーティーでガチガチというより、しなやかでそれなりのロールを許すけれども、不安定ではないという絶妙な塩梅です。 LC、BMW 8、メルセデス S カブリオレ共に、ゆっくり余裕のあるエンジンで流す、クルージングするという優雅な時を過ごすモデルです。 コルベットやフェラーリやランボルギーニやロータスの様なピュアスポーツではないです。 ② LC500コンバーチブルの外観デザインは皆さんどう思ったでしょうか? 凄く格好良いですね。LEXUSの歴代モデルの中で、日本導入後初のGSとIS以来の出来です。 スピンドルグリル採用後のモデルの中では一番魅力的なデザインかもしれません。ボディラインが艶めかしく、麗しいですし、幌を開けた時も、閉めた時も、どちらも美しいようにデザインされています。 私が嫌いな、あのスピンドルグリルも、使いこなし方が大分上手くなってきたようで、ビッグマイナーチェンジしたISや、当該LC、LCカブリオレはフロントマスクも悪くないです。 LCに一目惚れしたなら、他のライバル車に乗らなくていいですが、迷ってるならBMW 8 カブリオレ、メルセデス S カブリオレも試乗してみると良いでしょう。 レクサスの事を、トヨタ車に厚化粧しただけとか、エンブレム変えただけとか言う人も居ますし、実際そういうモデルも存在して来ました。 ただ、LCは別格だと思います。かなり力入れて開発されていますし、お金もかけています。 LCはLEXUSとトヨタのイメージリーダーで、スポーツモデルの中のフラッグシップで、トヨタのプライドをかけた車です。 そういう矜持を持って乗られるもカッコいいと思います。

画像
1

レクサスLCコンバーチブル、美しいボディですよね。金額的に全く縁がない車ですが素直にカッコいいと感じる車には称賛を送りたいです。 ① 売れ行きについては下記の方がお答えになってる様に好評みたいですが、このジャンルの車は数売るものでもないので杞憂と考えます。日本でレクサスを始めて15年、SC、IS C、とモデルが古くなってもオープンクーペのモデルを欠かさずラインナップに入れてきたのは高級ブランドとして優雅さの象徴が必要だからです。過去のモデルがそうだった様にLCCもモデルが古くなってもラインナップに残し続けることに拘るはずです。そして次のオープンモデルが出たら買い替えを検討すれば良いのではないでしょうか? ② ベースとなるLC500については、近所に持っている方がいるためいつも眺めていますが、本当に見事なデザインだとほれぼれします。正直他のレクサスモデルはほとんど良いと思ったことはないのですが、このモデルは日本車の中でも突出したオリジナリティとクオリティを持っていると思います。その特徴であるフロントライトからウィンドウサイド、Aピラーへの独特なラインとふくよかなリアフェンダーの張り出しを残しつつ、見事にオープンモデルへと昇華してクーペにはない「無駄に贅沢な優雅さ」を演出してます。 乗った事はないので走りについては語れませんが、たとえヘナチョコな乗り心地だとしてもこの車はデザインだけのために2000万円出しても良い車だと思います。 コンバーチブルクーペとは、効率性とは対極の大いに無駄な贅沢です。こういうクルマを乗りこなせる人は素敵だなぁと素直に羨ましく感じます。

1人がナイス!しています

1

あの馬鹿でかいグリルの是非はともかく、今までに無いコンセプトの車両でだとは思います。 押し出しが強く、カッコは良いと思えます。 ただ、車体が異様に長いです。 後部座席の座面も、何故か異様に長いです。 街中でも何台か見かけますんで、気にはなります。 1台しかクルマを持たないのであれば、あの車種は、アリなのかも知れません。 個人的には、ウチでは、目的別に複数の車両を使い分けていますので、必要性を感じません。 押し出しの強い車、動力性能に振っているクルマは、それ用がありますし、 趣味性で言えば、ワンオフ車や特注車があります。 アシ用は、高速移動用と、荷物が積めるもの、小回りのきくものとやはり複数使い分けていますので、1台で全部兼ねるようなものは、効率が悪く、中途半端なので、必要ありません。 見た目だけだと、1台欲しくはなるんですがね。

1人がナイス!しています

0

①初期受注は好調ですよ。 納期は現在半年ほどです。 https://lexus.jp/news/lc_info/?p=hibiya レクサスの歴代クーペは1代で消滅していますので、LCについても先行きは分かりません。 ただ、LCと歴代クーペで違うのは、海外でもデザインについては高評価な事です。次期型の有無は不明ですが現行を何度もマイチェンしながら長期間売り続けるような気がします。 ②とてもカッコいいと思います。 ただ、幌のカラバリはもっと欲しいですね。 コンバーチブルで定番の赤系の幌が無いのは残念です。