マルクスの思想体系を、解説書をつなぎながら読みました。 唯物史観、唯物弁証法、剰余価値などです。

マルクスの思想体系を、解説書をつなぎながら読みました。 唯物史観、唯物弁証法、剰余価値などです。 これらは、一つの仮説であり、空想的なものだと感じました。 結論は、政権の転覆、奪取と、苦しみにあえいだ市民が、まるで 下克上のように暴力で ひっくり返そうとする、理論的正当性の 根拠がマルクス・レーニン主義であると、個人的に感じました。 だから、この思想を信奉すると、悪魔性がかもし出され、助長され、 階級闘争による発展と称して、殺人暴力が正当化されると思い、 この中にいれば、いつかは自分もやられるとびくびくしながら居ざるを えなくなるんだと感じました。 みなさんは どう思いますか?

ベストアンサー

1

無人島に数人の人数で流れ着き、そこで生きなければならないとするとどうしますか。 1 狩場や農地を暴力で独占し、他のメンバーを奴隷として働かせ、収穫は独占する。 2 協働で狩猟や農耕をし、収穫は公平に分け合う。 狩場や農地などの生産手段を私有し、労働者を支配、搾取するのが資本主義です。 狩場や農地などの生産手段を共有にするのが、取り敢えず社会主義で、収穫は働きに応じて分け合います。財産の共有と言っても、生産手段の共有です。 やがて生産が発展し、収穫を必要に応じて分け合うと共産主義となります。 尚、中国やソ連や北朝鮮や東ドイツなどは、生産手段の共有が企業の国有にすり替わり、労働者階級の権力が共産党独裁にすり替わってしまいました。 労働者の草の根的自発的革命組織をレーニンは弾圧し、 「労働者はバカで、自分で革命をできないから、共産党が指導してやる、共産党に絶対服従だ、さもなくば銃殺。」 と言う国を作り、スターリンが受け継ぎました。それで社会主義でも共産主義でもなく、現代奴隷制になりました。ソ連などの共産党独裁国は実は帝国主義で、植民地を求めて第二次世界大戦に参戦しました。その結果、東欧等を半植民地にしました。コミンテルンはソ連共産党が諸国の共産党を支配する組織になりました。 経済。社会主義の社会でも民間企業が有るべきです。その企業の生産手段を資本家の私有でなく、労働者の共有にするのです。社長は労働者の選挙で選びます。それで良い商品の開発を競います。 政治。複数政党制にすべきです。諸政党間の対立は政策の成果を競うべきですが、他党派を銃殺するのがソ連共産党などのやり方です。 尚、日本共産党も共産主義ではありません。 ところで先の無人島で他の誰かに生産手段を暴力で独占され、奴隷にされたらどうしますか?

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

レーニン がトップだったボリシェヴィキ は 正しいというような思想を持つ団体はいまだにありますが、中核派などをとても小さい団体いくつかで、 構成員の人数は全部で 4000人ぐらいしかいなかったと思います。 日本共産党が議会制民主主義を採択してから半世紀以上が経過で、 日本において 社会主義共産主義を目指すというのは、 三権分立と普通選挙制度によるものという考え方が一般的です。

1人がナイス!しています