ID非公開

2020/9/20 23:16

22回答

マンションを購入する際に、 当該物件を診断する方法として、 「インスペクションという報告書を

マンションを購入する際に、 当該物件を診断する方法として、 「インスペクションという報告書を 売買資料として求める方法」があるそうですが、 これは、どこに依頼すれば良いのですか。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

こんにちは。都内でマンション経営をしている者です。 1)築25年未満のマンションですと、多くの方は重要事項説明書で確認するくらいで、敢えて「ホームインスペクション」を活用しない方が多いですが、不動産会社によっては、重要事項説明書の内容作成がいい加減な会社もありますので、不安な場合は、独立系の一級建築士がいるコンサル会社などで、やる意味があるかもしれません。 2)築25年以上のマンションですと、住宅ローン減税の関係で、「耐震適合証明書」の取得の必要もありますので、合わせてコンサル会社に依頼する人もいます。TVで有名な不動産コンサルタントの長嶋修さんもご自身で会社をやられておりホームインスペクションもやっておられるようですが、各地域に建築士を抱えた事務所があると思いますので、「あなたの都市名とホームインスペクション」というキーワードで検索すると候補が出て来ると思います。 私は、マンションは比較的築浅物件ばかりなので、使っておりませんが、一戸建ての場合は、よく使っております。不動産屋が説明しない、壁や基礎のクラックの存在や、ベランダの排水性能、窓枠のゆがみ、床下の構造など、自分が気付かない点も指摘してくれて、悪い物件を掴まなくて済んだこともありました。

その他の回答(1件)

0

不動産屋に依頼すれば良いですよ。 但し費用が何万円も掛かりますので、自己負担になりますね。