小説などの文章表現と盗作について教えて下さい。 他人の文章を全く変えず自分の作品に使うのが盗作となるのは分かります。

小説などの文章表現と盗作について教えて下さい。 他人の文章を全く変えず自分の作品に使うのが盗作となるのは分かります。 では、描写の内容は違うものの言い回しや表現が似ている場合はどうなのでしょうか。 小説に限らず文章を書く度に過去に読んだ作品や文章と同じ言い回しや表現をしている気がして常に不安です。 例えば、ある小説の一文を、登場人物の名前と語尾の部分だけ自分の作品に合うように変えて使うのはダメですよね。 では、瞳の美しさを宝石に例える、のような表現を他の作品で見て真似する、というのもダメなのでしょうか。それともそれは表現技法であるから盗作ではない、となるのでしょうか。 どこまで気にすればいいのか分からず、ツイッターでつぶやくだけでも誰かと同じ言い回しをしている気になります。具体的に誰なのか、など聞かれても自分でもはっきり分かる訳では無いのであくまで「している気になる」としか言えないのですが。 こんなことを気にしていたら何も言えなくなるとは思うのですが文を書く度に不安になるので教えて下さい。お願いします。

小説 | ライトノベル30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

個々の基準と言うのがあるので、盗作の是非には大きなズレと言うのが有ります。 知ってる物では日本の素人作品をハングルに言語変換して自分の作品としてる……と言う話が一番酷いです。 SAOの元の話が電撃初代受賞作品であると言う話も聞きましたし 一応の線引きをするなら その時やその場所と言う点の表現ならセーフ そこからそこまでと言う線の表現はアウト その上で元の作品に敬意を表していればオマージュ等と評価されます。 あからさまな固有名詞は控えましょう……って位ですかね。 貴方の例で言えば 宝石の比喩ならセーフ 宝石をどう扱うかまでなぞってしまえばアウトです。 数千数万読んでいたら何某の表現ではあるのは当然です。 そこは読者に委ねるべきでしょうかね~

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

より詳しく書かれており、私の例も交えて解説してくださって分かりやすかったのでこちらの方をベストアンサーとさせて頂きます。お二人共ありがとうございました!!

お礼日時:9/28 7:02

その他の回答(1件)

2

まず、根本的になぜ盗作が問題になるかを考えて見ると分かりやすいです なぜ盗作が問題化と言えば、当然ながら作者の権利(=利益)が侵害されるからですよね ではどのような場合に利益が侵害されるかというと ①読者がもともとの作品と誤認する場合 ②読者がもともとの作品と後発作品を(ほぼ)同一のものと認識する場合 の2点です 逆に言えば、ここさえ避けていれば盗作には当たらないと思って構いません。

2人がナイス!しています