500kg近い体重があるのに2kg程度の斤量差でそんなに違うのですか?

500kg近い体重があるのに2kg程度の斤量差でそんなに違うのですか? 50kgの人間が走った場合200gの差でそんなに違いがあると思いませんが・・・

競馬66閲覧

ベストアンサー

0

そんなに違わないでしょう。 馬自身の体重は2キロ単位でしか発表しませんし、海外だと発表すらされませんから、重りの2キロを気にしするのは無駄ですよね。 それより風邪気味だとかの方が大変です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わずかの斤量差でも軽い方が早いと思うのが当然ですがどうしてもそれ程差があると思えませんのでBAにしました。

お礼日時:9/23 11:49

その他の回答(5件)

0

2000年以降の凱旋門賞で4歳以上の牡馬(59・5キロ)の 優勝はが 四回(五回かな)ということを踏まえると僅か数キロの 差は馬鹿になんない、と言えるんじゃないでしょうか

0

そうでは無く、大敗したら馬肉まっしぐら?ですから勝負するサインです。(影響もかなり有る様です)(成功するかは?) ブリンカーや馬具矯正、連闘も同じ感じですがブリンカーは影響が有り過ぎて何十年か前に新聞紙面で記載する様になりました。

2

人間の場合で説明しますがユニフォームの空気抵抗やシューズの軽量化、そんな僅かな違いに記録が左右されます 競馬の場合、例えば2000mであれば1ハロン(200m)毎に僅かに0.1秒ずつタイムを短縮出来れば、ゴールした時には1秒のタイム短縮、着差にして5馬身の違いが出る事になるんですよ? 競馬はコンマ何秒を争う世界ですから2k程度の斤量差、決して馬鹿には出来ないんです(^_^)

2人がナイス!しています

1

オリンピックの100メートルの決勝で缶コーヒーの缶持って走るとなると不利でしょうね。 馬の世界の場合、斤量1キロ1馬身差と言われてます。 1000メートルあたり1馬身差という意見もあれば距離関係なく1馬身差という人もいます。 直線で1馬身のハンデはそれなりにありますよ、タイムでいうと0秒2の差です。 正直斤量重くなっても大差ないって馬と、増えた途端ダメになる馬といますね。

1人がナイス!しています