ID非公開

2020/9/22 18:54

22回答

XJAPANか何かのメンバーの、ToshIという方がいますが、 どうして、Toshiではなくて、ToshIと最後のiを大文字で表記するのでしょう?

XJAPANか何かのメンバーの、ToshIという方がいますが、 どうして、Toshiではなくて、ToshIと最後のiを大文字で表記するのでしょう? あるいはToshlと表記するのも見たことがあります。この場合の最後の文字は Lの小文字です。何故といわれても、そういうもの、という返事があると思いますが、ToshIが正しいのでしょうか? 大学以上のテストとか資格試験でも、1というのをlと そんな間違いするか?という誤記をしたり逆にlを1と書いて出題されたり する経験があります。大事な試験なのにふざけるなと思います・・・。 ToshIが正解ですか?最後を大文字にするのはわざとで、 そういう名前にしただけでしょうか?

ベストアンサー

0

元々は「TOSHI」でした。 2010年2月9日、名前の表記をToshlに変更

ID非公開

質問者

2020/9/22 19:06

そうなのですか。 あれ? 「TOSHI」から「Toshl」ですか? 変更後の最後の文字は、I(アイ)ではなくてl(エル)ではないですか?? トッシュエルと読むのでしょうか? ToshIとかToshiではなくて、Toshlなんですか???

その他の回答(1件)

0

脇からですが・・・。 >改名の理由は、権利関係の問題を避けるためのようですが、 >それだけなら、単に別の名義にすればよいだけなので、 > iではなくてlを使うというこの斬新なことをする必要は >ありません。 私には、むしろ非常に合理的な選択のように思えます。 「権利関係の問題を避けるために、考え得る限り『最小限』の変更をした」 と捉えることができますから。 実際のところは、できる限りなにも変えたくなかったのではないですか。 だからこそ、読み方については特に何も言及がないのだと思われます。 あまり法律には詳しくありませんが、おそらくローマ字の大文字と小文字は「同じもの」として扱われるはずです。ですから、「Toshi」を単に以前の「TOSHI」に戻すというやり方では、権利問題を避けきることができないのでしょう。 しかし、「これはLの小文字だ」ということにしておけば、それははっきり別の文字だと主張でき、したがって法律の上でも異なる主体であるということになる。弁護士とも相談した上での選択だったのではないですかね。

ID非公開

質問者

2020/9/23 14:46

最小限の変更、とは思えません。 突飛な発想です。言語的な論理に矛盾します。 伝えにくいですが、独特な論理だと思います。 最小限、という言葉だけでは不適切です。 最小限+独自論理、くらいの変更だと思います。 ただ、確かにiの隙間をつなげただけという意味で、 形の変形が最小限ということなら、そうだとは思います。 しかし、やはり合理的とは言い難いです。 合理的と考える人もいるとは思いますが、 私はそうは思いませんね。 回答ありがとうございました。