ハローワークの求人票やハローワークの紹介で就職しても、 求人時の条件が全く違う場合どうしますか?

ハローワークの求人票やハローワークの紹介で就職しても、 求人時の条件が全く違う場合どうしますか? 例えば、募集には、飲食店のホームページ作成者と書いてあるのに、実際に就職すると飲食店のバックヤードの仕事90% ホームページの作成10%とかの場合です。 上記のような事で、2・3回就職に失敗しています。 ハローワークは、信じられますか?

転職37閲覧

ベストアンサー

0

ハローワークに限りません。 求人票や求人広告の待遇や仕事内容は求職者に魅力的に思える様に書かれた参考程度のものですから、実際の待遇や仕事の内容は面接の時に確認する事が必須です。 企業と求職者は基本的に五分五分の立場ですから、面接時にキチンと話しましょう。 採用されたいが為に変な遠慮して、大事な事を聞かないからそういう事になるのですよ。 ハローワークに問題があるのではありません。貴方が面接時に大事な事を聞かなかった事に問題があるのです。 ですから、ハローワークに限らず、他の求人情報を使っても同じ事になります。 ✷注意点 本当は求人広告等の待遇や仕事内容の表記についての規制が厳しくなれば良いのですが、『百年河清を俟つ』とは正にこの事で規制強化が期待できないので自衛するしかありません。 面接時に書面で待遇や仕事内容の契約書を書いて貰えば一番ですが…。 ただ、そこまでしなければ信用できない企業というのも問題です。 ですから、賢い人は面接時に企業の品格を探ります。信用できなければ採用を辞退するでしょう。 面接は企業が応募者を判断する場であると同時に、応募者が企業を判断する場でもあるのですよ。(だから、企業も求職者も五分五分の立場だという事になるのです)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:9/27 17:22