おばちゃんが自転車で走行しているとき、対抗から自転車が迫ってくると、何故いちいち自転車を降りるのでしょうか。

おばちゃんが自転車で走行しているとき、対抗から自転車が迫ってくると、何故いちいち自転車を降りるのでしょうか。 自転車に乗ったまま対向車を避けられないのでしょうか。おっさんは対向車を避けながら上手く通り過ぎていくのですが、おばちゃんは十中八九いちいち自転車を降ります。なんででしょうか。若い女性には見られない行動です。となると何歳ぐらいから「スッ」と対向車を避けられなくなってくるのでしょうか。

ベストアンサー

0

速度落とすとふらついて自ら転んでしまうからです。最近、自転車同士ですれ違うときに、無意識に停止してる自分がいました。(老化現象ww) さすがに降りはしませんが。 子供の頃、いきなり自転車の横にドン!って降りられると(めっちゃ邪魔!)って思ってましたが、だんだん自分も同じになってきたんだ… って情け無いです。 現在50代。ほぼ愚痴でした。 オバさんは、フラフラするタイプと、周りの迷惑を考えず猛スピードで突っ込んでくるタイプと 二つパターンがありますね。

その他の回答(15件)

1

それは簡単なこと、乗ったまんま跨ったまんまの停止方法を身につけていない、知らない、教わっていないからです 低速走行が怖い、擦れ違いに怖いは、直接は関係なし、です

1人がナイス!しています

0

年寄りになるとバランス感覚が鈍るので、特に運動音痴のオバハンなんかは、ふらつき転倒するのが怖くて降りるのですよ。

0

電動アシスト自転車が出る前は、あんな感じの女性が多かったです。 今は 軽い力で制御できるのでおばさんも一々降りなくなりました。

0

すれ違う時だけでなく上り坂でも自転車から降りて押して歩くおばちゃんも見かけるので低速走行が怖いんだと思いますよ。

0

出産を経験したおばちゃんは子供を守りたい一心で自転車を停め、降りて厄疫の過ぎ去るのを待ちます。 そのときの記憶がよみがえるから必ず停まります。 大したものぢゃないですか。 わたしらもそうやって育てられたのですよ、忘れましたか? 会釈してすれ違いましょう。