「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話視聴率9.1%と下がりましたが、どうおもいますか?

「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話視聴率9.1%と下がりましたが、どうおもいますか?

ドラマ | 宝塚1,703閲覧

4人が共感しています

ベストアンサー

8

ID非公開

2020/9/23 21:45

個人的にヒロインが好きになれなくてきついです 体格、仕草、表情の癖から推測される彼女の本質って多分一見地味だけどモテて自分でもそれ知ってるっていう女にめちゃくちゃ嫌われるタイプだと思うんですよね… そのまんまだったらあー嫌なオンナだけど憎めないわいいおっぱいしてるし とか思えると思うんですよね でも今回演じてるキャラはアスペルガーみたいにズケズケモノをいう干物女で違和感がすごくあります。 それを覆るほどの演技力があるわけでもないし… 男性向けのドラマでも女性向けのドラマでもないようですしどこを狙っていたのかなと

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます! なるほど!

お礼日時:9/23 21:47

その他の回答(8件)

6

どう思うか? 曰く因縁のドラマなので、初回は興味本位の「にわか視聴者」を含めてリアルタイムで観た人が多かったのかもしれませんが、第2話は「にわか」の付帯効果が消えてこの作品が本来稼ぐべき数字に落ち着いたと思われます。 とはいえ初回と第2話を観る限り悪い内容ではありません。 ドラマとしての難易度がやや高いせいか、『恋つづ』や『わたナギ』と同じようなイメージで初回を観て違和感を抱いた視聴者が第2話のリアタイ視聴を見送ったことも視聴率低下の一因かもしれません。

6人がナイス!しています

5

火曜ドラマで、10 %越えたの、逃げ恥が最初ですよ。

5人がナイス!しています

6

私はドラマはそんなに酷評を受ける出来ではないと思います。筋は面白く先を追いたいと感じるドラマです。(とはいえ三浦春馬の最後の作品でなければ観なかった可能性もあるが) また、強いて言えばヒロイン役の女性に華やかさを求められないのが辛いと思うところと、猿渡(三浦春馬)の意中の女性ですが派手な顔過ぎて地味な役が務まってないと思えるところ。素敵な女優さんが脇にいるのといないのとではドラマは大きく変わってきますから、ここはちょっと違ったかなと思いました。盛り上がらない理由はそこだろうかと。 金に細かい女が十数年ひとりの男に貢いでいた話、これはどうしても負荷がかかりますよね。

6人がナイス!しています

5

設定が嘘くさい割に面白かったというのが素直な感想ですね。脚本家は『凪のお暇』の大島里美さんで、ちょっと期待しています。 『リッチマン プアウーマン』のことを連想しました。あのドラマも、低学歴だが天才プログラマー、でも記憶障害の気があるの社長と、高学歴で就職難民、でも記憶力抜群の女の子の恋物語という、およそ面白くもなさそうな設定から始まりました。 そのおよそつまらなそうな設定に、安達奈緒子の脚本がどんどん魂を吹き込んでいって、最後には感動的な恋愛ドラマに昇華してしまいました。今回も、同じようなマジックがありそうな予感がしています。けっこう、期待のドラマですね。

5人がナイス!しています

4

実はTBSに電話してこのドラマはストーリー的に完結するのか?聴きました。 TBSの人は手元に資料がないのでお答え出来ませんと言われました。 これは完結しないって意味でしょうね。 主人公は亡くなっているわけですからね。 僕は1話の途中まで見ましたが、やはり完結しないと分かってるドラマを続けて観る気にならないですね。

4人がナイス!しています