関ヶ原の新説が知られるようになりましたが、小早川秀秋は端から東軍に付いたか、戦半ばで東軍に付いたか、の違いに過ぎず、これからも裏切り者と呼ばれ続けるのでしょうか?

関ヶ原の新説が知られるようになりましたが、小早川秀秋は端から東軍に付いたか、戦半ばで東軍に付いたか、の違いに過ぎず、これからも裏切り者と呼ばれ続けるのでしょうか?

補足

多くのご回答ありがとうございます、ただ秀秋が大阪に辿り着いた時、既に西軍によって大阪は抑えられていたんで、西軍に付く振りをせざるを得なかったとは考えられませんか?伏見城攻めに参画したとしても迷いながらだったと、 真逆、「我が軍は東軍に付くために遥々筑前から来たんだから、お通し願いたい」とは言えないかと、それこそ西軍によって皆殺しにされるのでは?

日本史257閲覧

ベストアンサー

5

この話は、もう百回も二百回もやって、飽き飽きしてるんですけど、なんでみんな小早川が裏切った話をしつこくしつこく言い続けたがるんですかね。 関ヶ原に参加した武将は山ほどいて、その大半が最初からどっちにつくか迷っていた。途中で態度を変えたヤツだってごまんといた。その中で、いちばん「方針変更」の仕方が目立っちゃったのが小早川、ってだけで。べつに未来永劫語り伝えられるよな大物でもキーマンでもない。 新説を云々するなら先刻ご承知と思いますが、小早川がどっちにつこうが、東軍(家康方)の勝ちは決まっていた。小早川が仮に西軍として戦っていたとしても、そのときは家康本陣の三万が出てくるだけだから、大勢には全く影響はない(南雲山の毛利は、まず浅野や山内の部隊を撃破しなければ家康の陣はつけません)。 つまり、関ヶ原の小早川なんて、小物に過ぎない。ただ、東軍が勝ちそうだ、って分かったから後から東軍に参加しただけ。事前に東軍だろうが、直前に裏切ったのだろうが、大勢に全く影響はない。西軍は最初から負けている。 しかし、世の中には、「西軍は本当は勝ってたんだ」と言い張って聞かない人たちがいる。西軍は正義であり、正義は勝つはずだった。でも負けた、なぜだ。 「自分たちの力が足りなかったから」とか「見通しが甘かったから」とか「坊やだからさ」とか、絶対にそうは思いたくない。じゃあなんで負けたか。「常識ではありえないほどの卑怯者がいたせいだ」「到底予想できないほどの裏切り者がいたせいだ」ということにしないと、石田三成や誰やらのファンの皆様は、自分を納得させられないのですよ。 そのために、小早川は永久に「卑怯千万な裏切者」でいてくれなきゃあ困るんです。史実がどうだ、新説がどうだ、そんなの関係ありません。これはいわば信仰の問題です。「小早川さえ裏切らなければ、西軍が勝っていた」と信じ続けたい人たちの救いの神なんです。 小早川秀昭と吉良上野介は、そういう運命を背負わされてしまっているんです。どんな史実も、彼らの汚名を晴らす役には立ちません。

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>どんな史実も、彼らの汚名を晴らす役には立ちません。 ありがとうございました、よく分かりました。

お礼日時:9/27 21:31

その他の回答(5件)

0

間違いなく『裏切り者』の誹りを受け続けると思います。 黒田長政は小早川秀秋や吉川広家等を調略し、西軍に疑心暗鬼をもたらしました。もし、小早川秀秋軍が裏切らずに福島正則軍の横っ腹を突いていたら、『赤座直保・小川祐忠・朽木元綱・脇坂安治』の諸将も同じ行動を取っていたと思います。現に小早川秀秋軍の先鋒であった松野重元隊は裏切りに同調せずに戦線を離脱していますから、完全に意思統一されてはいなかったと思います。ですから、裏切りの口火を切った小早川秀秋は誹りを受け続けると思います。若輩者(18歳)で可哀想とは思うのですが・・・。

0

最初から東軍というのは、大津城で籠城した京極高次や田辺城の細川幽斎のことをいいます。 何より、伏見城の鳥居元忠が「小早川は最初から東軍」と聞いたらどうでしょうか。最初から東軍が聞いて呆れるのではないでしょうか。

2

あの戦いで、西軍に属しながら協力しなかった武将としては、小早川秀秋を始め土壇場で西軍に攻撃を仕掛けた4将(小早川秀秋・赤座直保・小川祐忠・朽木元綱)以外に、戦場に居ながら参戦しなかった毛利秀元・長曽我部盛親・安国寺恵瓊・長束正家、彼らの通行を妨害して消極的に東軍に協力していた吉川広家がおりますが、仰るとおり裏切り者=小早川秀秋というのが世間一般のイメージです。 では、なぜ彼だけが裏切り者扱いされるかですが 1.赤座直保ら実際に寝返った他の諸将はいずれも戦力としては小物で、仮に彼らだけが裏切ったとしても、戦局には何ら影響しなかった 2.裏切った直後に攻撃を仕掛けた大谷吉継の部隊がほぼ玉砕して、大谷良靴は西軍の主だった武将で唯一戦場で自害しているため、小早川秀秋の裏切りが戦いの全てをひっくり返したイメージに成った 3.小早川秀秋自身がその後早逝したため、領地で善政を行うなどイメージ回復をする機会に恵まれなかった この辺りが大きく影響していると思います。 あとは、関が原南部を抑えていた毛利秀元らの大軍(少なく見積もっても小早川秀秋の倍以上)を抑え込んで、事実上はじめから西軍を裏切っていた吉川広家が裏切り者扱いされないのは、その後の身の処し方に有ると思います。 小早川秀秋の場合は戦後処理で大幅な加増を受けていますが、吉川広家は毛利本家の存続を条件に東軍についたにも関わらず、それを反故にされると、自らに与えられる所領を毛利にすべて渡す代わりに本家の存続を願い出て、これを成功させています。 その結果、毛利秀元らは吉川広家に参加を邪魔されたから参加できなかったという言い訳が立ち、吉川広家は(あくまで私欲のためでなく)毛利家存続のために大局的観点に立った判断をしたという名分が立ったため、裏切り者扱いされずに済みました。(ただし、毛利家内ではそんな広家の苦労をガン無視して、毛利家の所領が大幅に削減されたのは広家が裏切ったせいと詰り、長州藩傘下の他の大名が支藩と扱われる中、広家の所領だけは岩国藩ではなく岩国庁と使われ、この蟠りが解消されるのは幕末の長州藩が追い詰められた時です) また、福島正則を始めとした豊臣恩顧の諸将が最初から東軍に付いたのも、あの戦いが、豊臣VS徳川の戦いではなく、あくまでも豊臣政権内の主導権争いという扱いになったため、どっちが今後の主導権を握るべきと判断したに過ぎないので、裏切りと扱われません。 以上のことから、関ヶ原の戦いの戦闘経緯そのものがひっくり返るような新事実でも出てこない限り、小早川秀秋を裏切り者扱いする定説は、ひっくり返りようがないと思います。

2人がナイス!しています

少なくとも、関ケ原の戦場に着陣していながら、最後まで傍観に徹した島津義弘・吉川広家の例がありますので、実際に西軍を攻撃した小早川秀秋が裏切り者扱いされるのは避け得ない状態だと思います。 特に、島津義弘は当初東軍につくつもりで伏見城にその旨を伝えたものの、鳥居元忠がこれを信用せず伏見城に入れなかったため西軍についたという経緯があります。しかも島津義弘の軍勢は2000足らずです。 これを考えると、16000と西軍の中でも大部隊になる軍勢を率いていた小早川秀秋がやむを得ず西軍についたけど、最初から東軍に付くつもりだったから裏切りでないと主張するのは無理が有ると思います。少なくとも、伏見城攻めの段階で東軍に付くという選択肢も在ったと思います。(入城拒否しても、それだけまとまった数の軍勢であれば、西軍を勝手に攻撃し始めれば、鳥居元忠と言えど無下には出来ません)

0

秀秋がその後何らかの偉業でも成せば「名誉回復」もできたでしょうが、関ヶ原からわずか2年で没しているので、それは永遠に不可能になりました。 これからも「裏切り者」の評価は残っていくでしょうね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

↓と絶対に東軍を勝たせたいのが言ってますwwwww 毛利が降りてくりゃ浅野や山内部隊は木っ端微塵 秀忠が来た時の戦況は?