ID非公開

2020/9/23 18:36

1111回答

ブレーキ前後の使い分けについて。

ブレーキ前後の使い分けについて。 オートバイではフロントがメイン、自動車では前輪が強めになってるそうですが、どうして自転車だと同時または後ろが先と言われるのですか?

ベストアンサー

1

フロント ブレーキ掛けると沈む(ノーズダイブ)するから、タイヤが潰れる。 よって、接地面積が増える。 だからフロントがメインなの。 自然の法則。 リア ノーズダイブするからリアのグリップは下がるわな。 リアを強めに掛けると、以外にスクワット寄りな沈み方するんよ。 この場合、ノーズダイブに比べてリアは安定するけど、フロントの舵は効かない。 押さえる力は何しても一緒だから。 因みに、自転車って乗り物で一番重いのが人間なんだよね… ソイツがバランス悪い一番上に着座して、フルノーズダイブすると… 転倒するんだよ。

1人がナイス!しています

その他の回答(10件)

0

速度を落とすためのブレーキはフロントがメインなのはバイクも自転車も同じです! リヤのブレーキは勿論 速度を落とすためにも必要ですが、それ以上に車体を安定させるために使います。 サスペンションが無い自転車では実感するのは難しいでしょうけど、バイクでは先にリヤのブレーキをかけると車体全体が沈み、直後にフロントのブレーキをかければ車体が安定したまま速度を落とす事が出来ます。 先にフロントのブレーキをかけたり、フロントのみでブレーキをかけると、フロントが思い切り沈み、いかにも強くブレーキがかかっているように見えますが、フロントが思い切り沈んでいるという事はフロントのサスペンションが沈み過ぎてサスペンションの機能が出来なくなりバイクが非常に不安定な状態になります。 急ブレーキをかける必要性がある時にはそんな事をやっている暇は無い!って言う方もいますが、普段からリヤのブレーキを先にかける事を意識していればとっさの時にも一瞬でも速くリヤから先にブレーキをかける事を身体が無意識に動いてくれます。 スポーツタイプのバイクを見ればわかりますように、リヤのブレーキはフロントに比べてかなり小さい物が取り付けられていますが、制動力も勿論必要ですが、車体を安定させるためにコントロールしやすいからです。 長くなりましたけど、参考になれば幸いです(^_^)v

0

フロント側を強く効かせるのは自転車、オートバイ、自動車すべて共通。自動車はフットブレーキだけで前後を操作するのでプロポーショニングバルブという機構で前後の油圧に差を作って意図的に前の効力を強くしてコントロールしていますが、オートバイや自転車は前後それぞれ別に動かせるのでライダーの裁量が大きい。 で、自転車では必ずしも「同時または後ろが先」ではないと思います。あくまでも好みとコース次第。例えばフロントを効かせてしまうと車体が立ってしまうのでコーナリング中とかで寝かせながらコントロールしたい時はリアメインなどシチュエーションで使い分けます。急制動みたいに短い距離で止まりたいならフロントメインで操作も先だと思います。

0

バイクの重心はエンジンですが、自転車の重心は人間ですから そりゃあフロントの荷重は減らした方がいいかな! 単純にABSが無いってのもりゆうでは?前転したら制動距離のびますので!

1

自転車もフロントがメインなのは変わらない 特にロードバイクなんかは前のブレーキで速度調整をしなければならないのだから。

1人がナイス!しています