アクアリウム?初めてですが、海水魚飼おうと思っています。(子供が希望していますが園児なのでエサ以外は私、、、)

アクアリウム?初めてですが、海水魚飼おうと思っています。(子供が希望していますが園児なのでエサ以外は私、、、) まずはカクレクマノミ、2匹、追々は他の魚を追加予定。 イソギンチャクは現在は考えていません。 水槽は60㎝のハイを検討中です。 水槽台もそれに合わせた物を検討中。 費用は極力は抑えたいと思いますが、様々な機械?設備?があり、どれがいいのか迷っています。 安い分機能は微妙だとすぐに別物の購入なると予測出来るので、安いがそれなりは除外でトータル面でオススメと思う物を教えてください。 外掛けや外部フィルターがいいのか、プロテインスキマーがいいのか、、、プロテインスキマー、高額なので少し抑えていいフィルターの方がいいのか、、、 品名、用途(必要な理由)があると幸いです。 ライブロックでアーチ状に組みたいと思っています。エアーはライブロック付近から出てる用なレイアウトがいいと思っていますが無くてもかわいいかなーと、、。 うだうだと長くなりましたが、現在、購入出来るもので安くて良いもの、コスパ最高なものを是非教えてください。 5万くらいを予定してましたが、収まりそうになく、、、

補足

皆様の回答や色々なサイトで勉強?検討していますが、色々とあるので悩みます。 そして凄く楽しそうと、感じてきました。 実際は清掃?等面倒とコストが掛かることが多いかとは思いますが、、、 子供より、私がハマりそうです。 予算は引き上げざるを得ないので、、、 7~8万くらいに、、、。 (10万覚悟してる(給付金)泣笑)

アクアリウム102閲覧

ベストアンサー

0

海水はやり始めると必ずハマるので将来を見越して最初から無駄な機材は辞めた方が良いです。 基本はオーバーフロー水槽が適してるので、もし奥行き30高さ36であれば https://item.rakuten.co.jp/rs-aqua/10000322/ が安いですね ただ海水魚は最低60センチ水槽と言われるぐらい魚が水を汚しますし大きくもなります。 そのため水量を確保する必要が出てきます。そうなると60センチならば https://item.rakuten.co.jp/rs-aqua/003/ これぐらいあってもいいです。 こちらは幅60センチの45なのでかなり水量は稼げます。 またレイアウトも奥行きがある分立体感を出せたりライブロックで狭っ苦しく感じることはなくなります。 オーバーフローを勧める理由としては やはり将来イソギンを飼った時にスキマーをそれなりの物にしないと失敗するからです。 オーバーフロー水槽なら濾過そうにスキマーを入れられるのでそれなりの物が置けます。特に今はスリムで濾過そうが狭くても入る物が多いです まず外掛けでは無理です(論外です) 外部でも魚は買えますがただメンテが大変なのと将来スキマーをつけるにしても微力な物しか付けれない 水槽内がゴチャゴチャする フィルターが壊れるとまた高い値段を出して買い直す必要がある というデメリットがあります 自分が通ってきた道です オススメとしては 水槽、水槽台は先程のセットのどちらか 下記charmYahoo店から 人工海水(クマノミだけなので安いのでいいです)テトラマリンソルトプロ200リットル用2070円 カミハタ ディープシックス(比重計)1303円 テトラテスト 5in1 マリン試験紙(海水用)1497円 餌テトラ マリン ミニグラニュール 48g558円 (海水魚)ろ材 バクテリア付き ライブグラベル(1kg)1017円(洗わずに濾過そうに置いてください) 循環ポンプ コンパクトオン 1000 50Hz 水中ポンプ 400〜1000L/h2510円 砂オーシャンダイレクト・オリジナルグレード 20lbs(約9.07kg)3748円 このアラゴナイトサンドはバクテリア付きなので立ち上がりが早いです(洗わずにそのまま入れてください) ライト アクロ TRIANGLE LED MARINE 600 20000K Aqullo Series9321円 ZENSUI LED PLUS 60cm シャイニングブルー9980円 のどちらか プレッシャーホース 15/22 1m600円 GEX NEW セーフカバー ヒートナビ220 3290円 ウールマット ファインマット お徳用(7枚入)436円 ライブロックはアーチの大きさによります。これはcharmでは買わないでください メンテナンスはファインマットが汚れたら交換するだけです 数秒で終わりです なので最初にきちんと機材を揃えてしまえば後々買い換える必要がなく無駄な出費が抑えられます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳細ありがとうございます。 やはり、最初に設備投資が大事そうですね。 安く?とりあえず済ませるとなると、とりあえず一時的(短期間)魚は飼える. といった感じですね。

お礼日時:10/2 7:26

その他の回答(7件)

0

参考になる回答も沢山されていますし、私の場合は、もう無茶苦茶な水槽で、参考にはなりませんのでお答えできませんが、ただ、カクレクマノミを飼育されると、不思議とイソギンチャクを飼育したくなりますw 将来、イソギンチャクが飼育したくなっても生体が多いとイソギンチャクに食べられたり、イソギンチャクが飼育できない水質になっていたりしますので、カクレクマノミを最優先にお考えでしたら、最初からイソギンチャクを視野にいれた水槽作りをされても。とは思います 後、カクレクマノミの飼育は簡単と言われていますが、購入直後は非常に病気になりやすいという印象がありますので、治療方法なども気にしてあげて下さいね。

0

ショップ海水館ページです、参照してください http://kaisuikan.o.oo7.jp/ この辺り http://kaisuikan.o.oo7.jp/reefpower/bl.htm#-%E5%90%84%E5%8F%B7%E7%B4%B9%E4%BB%8B- 後、 生体導入は1匹づつ。 ライブロックは不要、入れるなら少しだけ、少量以上入れてはいけない。 スキマーも不要です。 断熱性のいい家+最新型のエアコンの場合、クーラーは無しで部屋ごと冷やすという手も検討ください。→水槽の中に入らなくても涼しいです。 これなんかも参照にしてください。 http://kaisuikan.o.oo7.jp/kaisuikan/30cubedekau/30cm.htm

0

こんにちは。 初めてだと少しでも大きい方が安定するって言うのが定説ですが、 水換えや設置手間、飼育数を少なくやってみるってことで考えると、 45cm水槽って選択もあって良いと思います。 出来るだけ安くを考えてみると、魚だけであれば底面フィルターって方法もあります。 最初のセッティングは多少コツが要りますが、安定性は抜群です。 それでも5万円切るのは難しいですね。 決しておススメではなく、5万円で出来るか計算してみただけですので。 ちなみに他の方の回答にあるシポラックスが他のろ材の34倍って比較は、 比較対象が同社の物理ろ過用のリングろ材との比較なだけであって、 他社の生物ろ過材(エーハイムやその他の生物ろ過材)とは突出して高性能ではありませんので勘違いなさいませんように。 シポラックスが2213で行けるのであれば、2213付属のサブストラットプロでも同等以上のろ過能力があります。

画像
0

エーハイムのガラスで5000円 60×30×36、濾過槽はエーハイムの2213で約9000円、濾材シポラックスミニ780gで約6000円、あとエアレーション代わりに海道河童大5000円 合計 25,000円です。 あと台に1万円なら35,000円です。クーラーは来夏までに導入しましょう。 選択のポイントは濾材と濾過槽です。普通の選択で行くとエーハイムの2217で19,000円+濾材5000円の24,000円と言う選択になりますが、濾材を超高性能濾材に格上げし、その分濾過槽を2213に落とし、総額15000円に圧縮した所です。 http://sera.co.jp/?p=3277 上記のHPに記載があるように、通常ろ材の34倍の濾過能力がありますので、濾材の量と濾過槽を小さくし、予算を圧縮しました。メーカーの広報どうりだと、シポラックスのミニ780gで150ℓの水を濾過できますので、十分な量です。あとこの濾材は嫌気濾過を行いますので、水替えの頻度を下げる事が可能ですので、人工海水代金の節約にもなります。

0

魚の飼育がメインならプロテインスキマーは必要ありません。 サンゴを飼育したいなら半年くらいたって設置すると効果があります。 魚メインなら、しっかり濾過するために外部フィルターがオススメです。 海水は塩分があるため濾過バクテリアの繁殖に時間がかかるので、ワンランク上のフィルターが適しています。 60cm水槽なら90cm水槽用の外部フィルターがオススメです。 エーハイムのクラシックフィルターの2215か2217あたり。 ハイタイプ水槽なら2217の方がいいかと思います。 エアーポンプとエアーストーンでのエアレーションは、塩ダレするので海水では基本的に行いません。 ライブロックやサンゴに泡が付くと、付着生物が死んだりして状態が悪くなるので、海水では泡は天敵です。 酸素は水面から溶けるので、しっかりと水流を作ることで酸素は十分に溶けますし、水質も安定します。 フィルターの排水をうまく利用するのと、水中ポンプを別途設置して2つの水流をぶつけるようにして変化をつけると良いです。 サンゴを入れないならライトは海水用なら何でもいい(青すぎると暗いのでそこだけ注意)ですし、クーラーは部屋のエアコンで管理できるなら必須ではないです。 必要でも来年の夏までに用意すれば大丈夫。 メーカーはゼンスイがオススメ。 容量ギリギリより余裕があるものの方が、機器代は高くても電気代がかからなかったりするので、余裕のあるものがオススメです。 ZC-200αあたり。 ヒーターも余裕がある方が壊れにくいです。 200Wくらいで、メーカーはどこでも。 サイズや見た目がいろいろあるのでお好みで良いと思います。 ライブロックは水槽立ち上げ時に入れると、立ち上げ初期段階で出る茶ゴケとかで見た目が微妙になるので、色がきれいなものを入れるともったいないです。 形重視で色は白いようなのでも問題ないので、安いのを購入するといいです。 水質が安定して石灰藻が繁殖する水質になれば、ライブロックは勝手に紫色のきれいな状態になります。 あ、種として少々の石灰藻が必要ですが。

回答ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。 ライブロック?からエアーが出てるようなレイアウトを見ていいなぁと思ったんですがNGということ、勉強になりました!