職場での暴行・脅迫(パワハラ)などの時効について教えて下さい。

職場での暴行・脅迫(パワハラ)などの時効について教えて下さい。 先月、会社から突然リストラを言い渡されました。 会社の経営がうまくいっていない事によるものだそうです。 社員は30名ほどの小さい会社ですが、大半の人が元々同じ会社で働いていた方々が設立した会社です。私は、中途採用で2年ほど勤めてました。 昨今の社会情勢により会社の経営がうまくいかない為なら、しかたがないかと理解しております。 私を含め5人ほど今回リストラをされる予定らしいです。 そこで、今まで会社に勤め続けるために我慢してきたことが水の泡になってしまうことが悔しく思い、今まで受けた暴行・脅迫(パワハラ)の代償を会社に請求したいと考えています。 もう会社への思い入れはありません。 潰れてしまうならそれもいいなと思います。 今回質問したい内容は、入社してすぐの頃に先輩(1人)から受けた、蹴る殴るなどの暴行と、「殺すぞ」という脅迫言動などなど。 一応、いつどこで周りに誰がいたかなどの証拠メモは残してあります。 しかし、これは1年前のことになります。 というのも、この先輩の言動・行動を見かねて、あまり関わらない部署へ異動させて頂きました。それ以降は顔を合わせるとグチグチ文句を言われる程度にはなりました。 今回のリストラの中には当然その人は入っていません(元々いた会社からの転職者で役員とも深くつながっている為) 1年前のことですが、今考えても恐ろしくなります。職場でもなるべく顔を合わさないようにしていました。 このような1年前のことですが、何かパワハラの代償を会社に請求することはできるのでしょうか?よろしくおねがいします。 補足 暴行されたことや暴言を受けていたことは社長には報告しております。 しかし、昔からの馴染みの関係だからかその人にはなんのお咎めはありません。 私の知っている限り3人はこの人が原因で退職しております。 会社は昔からの風習があり毎朝、新人は朝30分前にきて清掃をしておりました。 →これもなにか請求できませんか?

失業、リストラ | 法律相談87閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

・暴行罪の時効は、刑法で、3年です。 ・脅迫罪の時効は、民法で、事件から20年、加害者を知った時から3年です。 ・「パワハラ罪」はないので、訴えることは出来ません。 ・会社は行為者ではないので、暴行・脅迫(パワハラ)の代償を会社に請求することは難しいと考えます(後述します)。 ・暴行罪については、先輩を、警察に訴えて、逮捕してもらうことは可能だと考えます。証拠がなければ、難しいと考えます。 ・暴行+脅迫については、治療費などの具体的な被害があれば、労働局の紛争解決手続き(あっせん)に、会社を訴えることが出来ます。精神的苦痛に対する損害賠償請求も訴えることは可能ですが、直後ではないので、ちょっと弱いとは思います。訴える内容を文書にしてみて下さい。 Q:会社は昔からの風習があり毎朝、新人は朝30分前にきて清掃をしておりました。→これもなにか請求できませんか? A:これが、最も可能性があると考えます。 清掃は労働時間と考えられるので、その時間に相当する賃金を請求することは可能と考えます。手順は、 ①会社に対して、徹底的に要求する。 ②相手にしないならば、労働基準監督署に指導して貰う。 ③それでもダメならば、労働局の「あっせん」で戦う。 もう会社への思い入れはありません。 潰れてしまうならそれもいいなと思います。 →素晴らしい!大賛成です。 ブラック企業は潰れるのが正義だと考えます。 可能性のあるものを列挙しました。ダメモトになりますが、失う物はないので、全部当たって、砕けても良いと思います。会社と正しく争う勉強になると思います。 窓口で、紛争事件に関する陳述書の提出を求められますが、徹底的に聞いて、勉強して、書けば、労働者として成長すると考えます。 「法的三段論法で主張して下さい」でつまずくと思うので、簡単に。 *ダメな例(二段論法。論理が飛躍している) ①彼は、人を殺した。 ②従って、彼は、殺人犯だ。 *良い例(事実→根拠→主張) ①彼は、人を殺した。 ②人を殺すのは、殺人罪である。 ③従って、彼は、殺人犯だ。

その他の回答(5件)

0

要は、リストラらされたからっ、その報復処置としてパワハラって行為の被害を訴えて会社に賠償を求めたいってことでしょう・・・ だけどさっ、じゃあ、何でもっと早くそういう措置を講じるなりの対策をしなかったわけさっ・・・ だのでねっ、後からあれはパワハラだこれはパワハラだって騒いでみてもっ、後の祭りってこともあるのでねっ・・・ だって、その入社した頃に受けたパワハラ被害について公的な相談場所で相談しようと思ったらできた訳で、それをしなかったってことは「今は仕事のために我慢のしどころ」みたいに考えていたってことなのかさっ・・・ こういう考え方ってさっ、良くも悪くもってか、結局は自分にもマイナス要素でしかないしっ、つまりさっ、自分にも悪い点があったからって取られてもしょうがないしさっ・・・ だので、はっきしいって、現実はそう易々と賠償金なんて勝ち取れないし、裁判費用を掛けてやるだけのメリットも少なそうだしさっ・・・ だのでっ、パワハラを受けた当時の証拠ったて、その当時のメモだったりってことで客観的な証拠はないわけでしょう・・・ つまりさっ、そのパワハラを受けていた際の録音とか録画とかさっ・・・ だので、賠償を求めたいならそれはキミの意思ですることだから、止めはしないけれどもっ、裁判ってなるとそうは甘くないってことを肝に銘じておくってことですよっ・・・ それに、不法行為の時効は不法行為の被害を受けた時から3年間だけれどっ、 そのパワハラでどの程度の被害がを被って、どんな精神状態に追いやられたのか等々、もし、裁判をしたなら立証すべき事柄は1つ2つじゃあないしさっ・・・ だので、弁護士なりに相談してみなよっ、弁護士からあまりいい返事がなければ、賠償金云々はその事案ではちょっとて感じでしょうからっ・・・

0

殴る蹴るの暴行を受けたなら、病院の診断書はありますか?警察への被害届は? それぐらいがあれば、弁護士を立てれば訴訟は起こせますよ。 ただ現在進行形ではない、1年前の話、そしてそのパワハラの延長線上に今回のリストラがあるわけではない。 そういったことを考えると、訴えたとしてもあまりメリットはないでしょう。

0

精神的苦痛への慰謝料請求ってことですが、あなたのメモに書いてあることを証明できなければ無理です。 それにしても、新人が自分の働く職場を清掃するのは当たり前だと思いますがね。 これをパワハラ?笑 時代ですな! それでも相手が認めればいいですが、認めないと思いますがね。 動画や録音などの記録がないと難しいでしょうねぇ。 それに、その精神的苦痛のせいで心療内科には通われたのはずですが、診断書はありますか? 心療内科まで通うほどの苦痛ではなかったのならば、ちょっと金額にはならないのではないかな。 今回のリストラの報復での嫌がらせ提訴は見え見えなので、弁護士も引き受けないと思いますがね。

回答ありがとうございます。 周りの目撃者とかの証言じゃ不十分ですかね~ 目的はリストラへの報復であります。 職場の清掃はパワハラとは思ってないですよ~ ただ、勤務時間外のことなのでどうかな~って思いまして。