薬剤師ってどういう仕事をしているのですか?そしてそもそも必要なのですか?

薬剤師ってどういう仕事をしているのですか?そしてそもそも必要なのですか? 調剤薬局に処方箋を出すと、薬剤師の人がお薬を出してくれます。 でも、処方箋の通り薬を出すなんて、字が読めれば誰でもできます。薬の飲み方や注意点は医師から聞いていますし、処方箋にも書いています。それ以上のことを薬剤師から聞いた経験はありません。 彼らはどういう仕事をして高給を得ているのですか?それは顧客に提供している価値に見合うものですか?

ベストアンサー

0

①ダブルチェック 医師からの処方箋に間違いが意外とあります。電話をかけて処方箋の内容を変更する許可をもらっていますが、患者さんはそれを見る機会があまり無いのだと思います。 ②責任の分散 医師は自身の責任で調剤を行うことができます。クリニックだと事務の方などが薬を詰めることがありますが、あの行程で間違えて患者に健康被害が出るとその責任は全て医師に行きます。調剤を薬局で行うことによって、報酬と共にその責任を薬局に負わせています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なぜ院内薬局なるものがあるのか常々疑問でしたが、合わせて解決できました。ありがとうございます。 ただ、やっぱり市中の薬局に薬剤師というのはオーバースペックかなとも思います。業務内容を考えると登録販売者に上位資格をもうけて、最新の製剤事情や飲み合わせ等の研修を実施することで代えることが出来そうなイメージです。

お礼日時:9/25 0:28

その他の回答(2件)

0

処方箋通り薬を出すのは時が読めれば誰でもできます。しかし処方箋の内容に誤りがあった場合でもそのまま薬が用意され患者の手に渡ることになります。 処方箋の内容におかしい部分はないか?など処方ミスを見破るには薬の知識がないと難しいと思います。

なるほど。 処方ミスというのは、具体的にはどういったケースが考えられるのでしょうか? 医師はいちおう患者を直接診て処方しているわけですが、その処方内容が薬剤師的におかしいと感じるのはどういった場合があるのでしょう?

1

成ったことないから、と言うか成れないからって”やっかみ”は止めてください。 同僚一同、大変あきれています。

1人がナイス!しています