昨日の中日対ヤクルトの勝利投手が、納得いきません。

昨日の中日対ヤクルトの勝利投手が、納得いきません。 なぜ、2イニングを無失点の藤嶋投手ではなく、村上選手に勝ち越しホームランを被弾、一イニングで降板した、怪盗ルパンなのですか? 白星を、するりと盗む、まさに怪盗ルパンですね。

補足

公認野球規則9.17により勝利投手は定められている。 >ある投手の登板中の攻撃、あるいは登板中の投手が代打または代走と交代して退いた回の攻撃で自チームがリードを奪い、しかもそのリードが試合終了まで保たれた場合、その投手が勝利投手になる。(※「登板中」とは、先攻チームであれば勝ち越した直前の回(裏)を完了、後攻チームであれば勝ち越した回の表を完了することを指す) ただし、次の場合はその限りではない。 その投手が先発投手の場合、5イニング以上(天災等などでコールドゲームが宣告された試合で、勝利チームの守備が6イニングに満たなかった時は4イニング)投球しなかった場合。 その投手が救援投手の場合、投球イニングが少なくかつ勝利に効果的でなく、それに続いて登板した投手のいずれかがより勝利に効果的な投球をしたと判断される場合。

プロ野球39閲覧

ベストアンサー

0

先発投手が降板している場合、基本的に勝ち越し点を上げた時点で登板している投手が勝ち投手になります。 ただし、極端に短いイニングしか投げず(2/3イニング以下)、かつ不甲斐ない投球(基本的には2失点以上)しかしていない場合には、例外としてそれ以降の勝利に最も貢献したと「公式記録員が判断した」投手が勝ち投手になることもある。

その他の回答(1件)