ID非公開

2020/9/24 20:11

22回答

詳しい方に是非教えていただきたいのですが…。

詳しい方に是非教えていただきたいのですが…。 今日、勤務先から「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」が渡されました。保険料の額は、今年の4・5・6月の総支給額の平均から算出した金額になっています。しかし私の勤務先は、放課後児童クラブで、いわゆる「学童」です。ご存知のようにコロナの影響で、3〜5月は小学校が休校になり、通常勤務ではなく(通常は放課後のみの4〜5時間程度の勤務です)朝から夕方までのフルタイムでの勤務を余儀なくされました。つまり4〜5月の給与は通常の給与を大幅にオーバーした額になっているのです。しかし、保険料の額はそれを基準に算出されています。この算出額で今後一年間保険料を納めなければならないのでしょうか?なんか納得がいきません。6月以降は学校が再開し通常勤務となり、給与も少なく(元通りに)なっています。もちろん来年以降も、コロナで再び休校と言う事態にならない限りは、給与は少ないままです。特別な給与支給期間を保険料の算出基準にするのはおかしくないでしょうか?今後の保険料が大きな負担です。

社会保険 | 税金62閲覧

ベストアンサー

0

社会保険料の算定の仕方には、1年にうち4~6月が繁忙期の職種は、4~6月の給料ではなく、1年間を平均してという、別の算定の仕方があります。 学童は、元々この時期は春休み、入学後の早帰りと給料が高額になります。 だから、この対象にならないか、聞いてみたことがあります。 学童は、春だけでなく、夏休み頃も繁忙期になりますよね。だから、対象にならないと、社労士さんに言われました。 「通常の算定基礎届(定時決定)で算出した標準報酬月額と、過去1年間(前年7月から当年6月まで)の報酬平均額(年平均)から算出した標準報酬月額との間に2 等級以上の差があり、この差が業務の性質上例年発生すると見込まれる場合、」が該当とあります。 今回はコロナのせいで、等級もさらに上がっていますよね。 ダメもとで、年金事務所の適用課に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

abc********さんの↓は、 勤務時間数が減っただけでは、出せません。 「固定的賃金に変動があった」ここがネックで、総収入が2等級以上、下がっても、対象外ということが多いです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、回答ありがとうございました。 王道の「年金事務所に聞く」を やはりそれしかない「年金事務所に聞く」を (T . T)(T . T) 答えてくださった此方のかたに。 年金事務所嫌いなんですよね。電話口怖くて…。 でも頑張ります(笑)

お礼日時:9/24 23:24

その他の回答(1件)

1

著しく給与の健康があった場合は変更届を出し、変更することができます。 〇随時改定の条件 ・昇給や降給によって、固定的賃金に変動があった ・変動月からの3ヶ月間に支給された報酬の標準報酬月額と、これまでの標準報酬月額との間に、2等級以上の差が生じた ・変動月からの3ヶ月間に関して、いずれも支払基礎日数が17日を超えていた

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/24 21:30

いわゆる「時間外勤務が多かった」ってことなんです。固定賃金に変化があった訳ではなく…。でも算出額は支給総額で見てるようなので、いつもより高い保険料になってしまっているんです。