回答受付が終了しました

貧相な服装をしたりすり切れたズボンや靴を履くというのはよい意味ではある種の修行になりませんか?

貧相な服装をしたりすり切れたズボンや靴を履くというのはよい意味ではある種の修行になりませんか?

補足

レ・ミゼラブルの女の人は裸足で歩いてたぐらいだからすり切れたぐらいで捨てる現代社会ってどうなんだろう?

メンズ全般 | 哲学、倫理18閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(2件)

0

昔「バンカラ」というものがあって、それは社会の文明化が進んで洗練されてきて、それに対して、どうしたらよいかよくわからなかったり、それにうまく適応することができなかったり、そういうようなことでコンプレックスや恥ずかしさを感じてしまった結果、男性が逃げ込んだ「隠れ蓑」として「バンカラ」なるものがありました。 質実剛健とか何とか、男は中身で勝負するとか、ろくな中身なんか無いのにそういうことを言ったりしちゃったんです。ま、人間は中身が重要なんですけどね。 社会が急激に変化して、それに適応することに苦しんでいたのです。女性のほうが比較的はやく適応ができました。おもに男性が適応に苦しみました。