寒冬、または平年並みの予報だったのに暖冬だった年はありましたか? お世話になります。

寒冬、または平年並みの予報だったのに暖冬だった年はありましたか? お世話になります。 ラニーニャ現象により今年はドカ雪が降ると聞きウキウキしながら日々スキー場に思いを馳せていますが、もしこれで暖冬だったらショックなので心の準備(笑)をしておきたいのです。 過去に今年同様にドカ雪予報だったのに暖冬だった年があったのか教えてください。

1人が共感しています

ベストアンサー

4

⭐︎⭐︎追記します⭐︎⭐︎ 案の定、上の方でいつものお天気マニアさんが、また非理論的なウンチクを言ってるので、こちらで修正します。 今年、彼の言う通り台風は少ないです。 じゃあ台風が少ない年の傾向を調べると… 『台風が少ない理由 冬』で検索すると… 台風が少ない年は、ラニーニャ現象が起きてる時が非常に多い。 それだけです(笑) 彼の言う通り、南の方で海水温が上がってたとしても上空の気温が低ければ当然…雪になる確率は上がる。 いくら温暖化とはいえ、北からの寒気がプラスの温度で来ることはないので。 ただ、寒気が弱いとどうしても雨になりやすい傾向はありますが…その辺はシーズンに入ってみないと何とも言えません。 先シーズンの暖冬の一番の理由は、エルニーニョってだけではなく、エルニーニョの影響が強くて日本の近くを流れてる偏西風が例年より北に蛇行して、寒気が降りて来にくくなり、更に南側の暖気が北に上がりやすくなった。 これはこないだの冬にニュースでもやってたし、ネットで調べても正式な機関(気象庁とか日本気象協会とか)が発表してます。 少なくとも、一介の素人が云々と騒いでるよりは、よっぽど信憑性のある話です。 それがラニーニャに変わったので、偏西風の蛇行は考えにくいです。万が一、下手に南下すると今度は都市部でも大雪の可能性がありますがその心配までは無いかなと。 エルニーニョは、短期間だけど勢力が強い。 ラニーニャは、長期間だけど勢力は弱い。 そんな感じらしいので。 まあ、彼は単に嫌がらせのネット荒らしです。 しかも、10年以上続けてる、筋金入りです(笑) マトモに相手したって無駄。 なら、ケチョンケチョンに言い放つのが一番です(笑) ただ、別の質問で彼の言う通り、今シーズンで淘汰されるゲレンデは出るでしょう。 インバウンドは大して見込めない。 地元の高齢者もおそらく減ります。 不況で、スノーボードだのスキーだのやってる余裕はない都市部の方もいます。 本当に怖いのは、雪の量や気温よりこっちですよ。 下手すると知恵袋くらいじゃないですか? 気温だの雪の量だので、来期の予想して云々と話してるのは。。 多分、ゲレンデ運営に関わってる人が知恵袋のこういうやり取り見たら 『こいつら何のんきな事言ってんだよ!』 くらいに思うかもしれないです。 雪があろうと無かろうと、厳しい経営になるでしょう。意外とビッグゲレンデが潰れる、なんて事もあるかもしれないです。 質問者さんも、もし余裕があるならなるべくゲレンデに行ってあげてくださいね。 私は…言わずもがな行きます(笑) 追記は以上です。 こんにちは。 ラニーニャだから降る…のはあくまで傾向です。 細かい話は避けますね。必ずしも、ではないです。温暖化の影響で色々と気候はおかしいので。 素人ながら、色々と調べてる事もあります。 仰る通り、今年は降るよ〜なんて言われながら大した事ない年はありました。 これは仕方ないですよ(笑) 平年並みでも、春の訪れが早い年は過去ありました。 2月までドカ雪降っても、3月が全然降らないとかもありました。 雪が降る〜とか言われながら、年末年始の長期休暇で殆ど降らなかった事もありました。 逆に、年末年始の休暇スタート時点では『ヤバい全然雪無いじゃん』だったのが、大晦日から3日くらあドカ雪が続いて、そのシーズンは豊雪だった、なんて年もありました。 悔しいパターンだと、年末年始はパラパラ程度しか降らず、仕事始めの日からドカ雪とか(笑) 降っても意味ないじゃん!みたいな(笑) あ、一応… 最近見かける方なのでこのカテゴリーの事はご存知でしょうが、お天気マニアっぽいネット荒らしが居るのはご存知ですよね? いくつか前にも繰り返し質問してますが… 彼、一見マニアっぽい、それっぽい事言ってますが、中身はスカスカです。 前回、同じような質問をしてたので結構真面目に突っ込んだら… 返答なし(笑) 典型的な、口先と勢いだけで知ってる事は薄っぺらです。 どこまで詳しいか、面白いから詰めてみたんですけどね(笑) なんだ俺以下か、と残念に思いました。 私の回答を少し前まで探して貰えば、その内容は分かると思います。 結論。 エルニーニョからラニーニャに変わった以上、先シーズンみたいな暖冬って事はないでしょうが、私はそんなに期待しないで待ってます。ラニーニャ以上に、不確定要素の問題があるからです。 でも、それでもし降ったらラッキーじゃないですか(笑) 私はそう思います。

4人がナイス!しています

やはりそういう年はありましたか・・・ 少なくともこれで心の準備は出来ましたw それでも期待してしまいますね~。ま、年々冬の気温が上がっている事は分かってはいるので、過度の期待はやめておきますw 追記も見させて頂きました。その上で質問させてください。 偏西風の影響で寒気が下がりにくく、そのせいで南からの暖気が上がってきて暖冬というのは、昨年起きたオーストラリアの山火事は要因の一つとなりえるでしょうか?暖気が上がりやすい原因というよりは、山火事により暖気が強まるといいますか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様御回答ありがとうございました。 一番納得できる回答を頂けましたのでBAとさせて頂きます。

お礼日時:9/28 8:43

その他の回答(5件)

0

勿論ありますよ、逆もありますし… あまりに寒い冬でも雪が少ないことも 適度に海水温が高い方が 上空に水分が供給されて降雪量は多くなります。 寒い日は晴天のことが多いですし 雪が降る日は湿気が多く比較的気温も高いです。 暖冬でも寒気が入らない訳ではありませんので タイミングや場所によっては大雪になることもあります。 暖冬=小雪、寒冬=大雪とは一概に言えませんよ。

0

1998 - 1999年がそれに該当します。 この年は日本で寒冬になりやすい傾向にあるラニーニャ現象が発生していたが1月から2月にかけては周期的に強い寒気が南下して寒波となる時期はあったものの、寒波は長続きせず全体的には移動性高気圧に覆われ晴れて暖かい日が多かった。平均気温は北海道で平年並だった他は全国的に暖冬となり、西日本や南西諸島では12月の平均気温が平年よりも1.5℃も高かったんですよ。

0

最近は暖冬か!と思わせて、一部地域ばかりドカ雪が来て、それ以外の地域は寂しかったりと、なんだかなあ~って時が有ったりしましたね。 まあ、過度な期待はしません。 普通で有れば笑 (最近、普通が無いから普通がなんだったのか?忘れてしまったかも笑)

せめて山でだけは大量の雪に埋もれたいものですw (できれば12月下旬から・・・w) 自分の場合、子供の頃は家の前でも15cmぐらい積っていたものですが、今ではほとんど積らず、さびしい限りです。

0

基本的に、温暖化で冬も気温が上がっているのは事実です 温暖化⇒日本海の水蒸気が増える⇒里は雨だが山は雪が増える この時期が5年くらい続きました ここ数年は更に温暖化が進み、山でも雨が多くなりました 今年も日本海の水温は冬でも高いので水蒸気は多い ⇒北からの季節風があれば、山に雨または雪が降る ここらが微妙で、天気予報で関東などでよく言われる 「気温が低ければ雪、高ければ雨になります」 と言うことで、降水(雪)量は多いと思いますが、それが雨か雪かはそのときにならないとわからないと思います

ラニーニャ現象って海水温が低くなるんでしたっけ? そうなると水蒸気量は減り、気温は下がるが少雪の傾向になる可能性もあるって事ですかね?

0

変則オーダーで1番に最強打者じゃ荒らしも来れないでしょう。 さて、ご質問ですが、季節予報による予報は、該当期間に関する予報です。一方、どか雪なるものは短時間降雪を指し、月間の平均気温や積雪量とは必ずしも一致しません。むしろ、気候の極端化により暖冬でも大変などか雪がある場合もあります。また、暖冬のどか雪はすぐ融けてしまいと言う方もいます。 季節予報と実際の結果については、多少の修正はあるものの、大外れと言うことは記憶にありません。今年はラニャーニャが発生したとの事、確率的には平年並みに戻り、雪が降ることを、私も期待しています。 なお、毎年9月25日に季節予報が発表されます。私もワクワクしながら本日2時の発表を待っています。 季節予報については、気象庁のホームページに解説があります。詳しくはそちらをご覧ください。 https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kisetsu_riyou/calendar/index.html