回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/25 13:42

66回答

中学受験に向く性格について 小学校1年の子供がいます まだ先ですが、中学受験を考えています

中学受験に向く性格について 小学校1年の子供がいます まだ先ですが、中学受験を考えています よく、中学受験に向く子の性格は自主性がありコツコツと取り組める子などとネットで書かれていますが‥ 我が子は面倒くさがり屋で言い訳が多い子でお調子者のタイプです 幼稚園は公文、今は学習塾(勉強に慣れる為のタイプの緩い所)に通っていますが、塾の課題も一緒に嫌嫌する感じで、すぐに疲れた〜っと言います 学校の勉強は1年生なので簡単ですし苦ではないようです 元気いっぱい遊ぶのが好きなので、受験勉強が本格化する4年生でも同じ感じなら性格的に向いてない気がするし本人も辛くなるだけかなぁ‥と思っています 3年生までは今の塾で様子を見て、無理そうであれば受験用の塾には行かず今のままにしようと考えてはいます まだまだ先なのですが、出来れば夫婦共に受験してほしいと願っているのですが‥(主人の母校です) 1年生の時は向いていないとしても4年生になる頃には上記の様な向くタイプに変わることはあるのでしょうか? また、実際に受験したお子様の低学年からの性格もお伺いしたいです 本人は お父さんと同じ学校にいきたい! とは言っています(よく分かってないと思いますが) 課題を真面目にしない度にイライラしたり、ふと 生まれてきてくれた時、元気であればそれだけでいい と思った事を思い出したりしてなんだかよく分からない感情になったりしてします‥

中学受験 | 受験、進学95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(6件)

0

他の方も仰ってますが、性格は関係ありません。 例えば、コツコツ勉強できるけど理解力がない子と、コツコツ勉強はできないけど理解力がある子だったら、中学受験は後者の方が合ってると思います。 なぜかというと、例えば高校受験や大学受験などは内容が難しいというのもありますが、英単語などの「覚える」必要があるものが中学受験よりも圧倒的に多いです。 小学校で成績優秀な子が中学で成績が下がるのは、勉強自体が難しくなるのはもちろんですが、この覚える量が増えるのも大きいです。 なので、いくら理解力があってもある程度コツコツ覚える必要のあるものを覚えないと受かりません。 ですが、中学受験は覚える必要があるものが比較的少なく、理解力や応用力が必要なものの方が多いです。 が、コツコツ勉強ができるかどうかは確かに大切です。 コツコツできるかできないかで、中学受験に限らず、勉強に対する取り組み方が変わります。 取り組み方次第で、学力が変わります。 コツコツできる理解力のある子と、コツコツできない理解力のある子だったら、断然前者の方が伸びますので。 なにより、中学受験をするなら性格よりも先に理解力です。 小学校一年生ということなのでまだ判断がつきようもないと思いますので今は保留でいいと思います。 ただ、4年生5年生ごろに成績が良くない場合は、中学受験の内容は学校のテストよりも圧倒的に難しいので考えたほうがいいかもしれません。 とりあえず、判断基準としては性格とかよりもまず、学校や塾の模試の成績次第かと。

2

「釣り」だとは思いますが、こういう親が本当に存在するなら子供は本当に可哀想です おそらく、質問者は低学歴で受験などした事無いでしょう 受験というものをすれば判りますが、「受験に向く性格」などありません しかも、小学1年生の子供に対してですか? よほど、質問者は学歴コンプレックスなのでしょうね まず、御自分が、一度早慶レベルの大学入試を目指して勉強してみては如何でしょう? (ひょっとしたら「高認」からかもしれませんが・・) そうすれば、こんな質問しなくなると思いますよ

2人がナイス!しています

0

向いているかどうかは、結局、本人が最終的に「目的意識」を持てるかどうかにかかっているので、現段階で受験に向くか向かないは判断できないと思います。 低学年で成績優秀でも、親にやらされているだけで、本人のモチベーションが保てなければ失速しますし、低学年で遊びばかりでも、一度行きたい学校に照準が定まれば、一気呵成に追い上げるケースもあります。 向く向かないを気にせずに、父親の母校の文化祭などの行事を訪問し、モチベーションを高めるのが一番効果的だと思います。 今はまだ焦らなくてもよいと感じます。

0

例えば少年野球とかサッカーとか 指導者の下で頑張ること 集中力、持続力をつけること 目標を持つこと そして何より負けん気 こういうものをしっかりつけるといいと思います。むろん勉強でもいいですが低学年はスポーツが好きなら集団スポーツがわかりやすいです。 そういう子がきちんと目標を持つと、とても指導がしやすいですし、伸びやすい。

0

中学受験に向いているかいないか。 これはズバリ頭のいい子です。(あくまで勉強に対しての頭のよさ。) 性格はあまり関係ありません。 小学生なんて大抵の子は親に言われなければ、必死に勉強しません。(自分でコツコツやる子なんて100人に1人いるかいないか) 殆どの子が、勉強より、運動、ゲームの方が大好きです。 そんな中で差がつくのは頭の良し悪しです。 塾では、頭のいい子はクラスが上に行き、モチベーションも保ちやすくなります。 高校受験以降になると、本人の努力や危機感、要領なども条件になってきますが、中学受験に限っては勉強に対しての頭の良し悪しが最も重要です。