エンゼルフィッシュの生態 気になることがあります‼︎

エンゼルフィッシュの生態 気になることがあります‼︎ つい最近エンゼルフィッシュを飼い始めたのですが、すごく気になることがありました。 寝てる?時なのかゆっくりとしている時に全く場所を変えずにその場留まっていたり、素早く移動した後に急制動したりとすごく興味深いです。 金魚も別で飼っているのですが、これだけピタッと止まるところは見たことがありません。 少し傾いていてもずっとキープしています。 何故こんなことが出来るのか、するのか、知っている方教えてください。

ペット | アクアリウム11閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

私も学者じゃないのであくまでも「予想」の範疇ですが… 金魚なんかだとよく「形を揃えて飼育しろ」と言いますよね。丸手、長手と区別して。 これは餌の取り合いをした場合「長手の方が泳ぎが上手い」ため丸手に餌が回らなくなるためだと言います。 また、口の位置によって餌を変えた方が好ましいとも言います。ナマズなら沈む餌、アロワナなら浮く餌のように。 自分の生息し易い「遊泳層」に口が付いているということです。 これらの事から、魚の「形態」で泳ぎや特性がなんとなく分かるんだと思います。 エンゼルフィッシュの特徴を考えた場合 ・縦に平べったい ・ヒレは後ろに流れるように ・口は真ん中 ・体高が高く、横見だと目立つ と言ったことが挙げられます。 このことから 「流れは比較的強い所で遊泳性を求められるのではないか」 「目立つので小魚~同体格相手の場合は威嚇となるが、大型魚相手の場合は目立たなくする必要がある」 と推測します。 なので「斜めキープ」はその得意の泳ぎからくる「ホバリング」であり「枯葉などに擬態」しているのでしょう。 急発進・急ブレーキも、平べったい身体と泳ぎを活かして「泳ぐ時は抵抗を少なく」「止まる時は少し横に向いて抵抗を多く」しているのでしょう。 鯉や鮒などは水の流れの少ない所で生息するため「追い風ならぬ追い水流が無くても俊敏に泳げるよう特化した形」なんじゃないでしょうか。 だから金魚は「急ブレーキ」は苦手なんだと思います。 あくまでも私が今考えた「推論」ですので参考までに。