生命保険についてです。

生命保険についてです。 現在某保険会社の終身保険に加入しています。 この度初めて契約者貸付を利用しようと検討中です。 将来的にこの保険は払済保険へ変更するつもりですが、契約者貸付があると相殺されると聞いています。相殺される場合は全額なくなるという認識で正しいでしょうか?それとも払済後も貸付金が残る場合もあるんでしょうか?

生命保険29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

払済保険は、保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金を基に「保険期間」が同じ生命保険を購入するものです。 払済にする時点でその時点で保険に貯まっている責任準備金から契約者貸付残高+利息分を差し引き、解約返戻金を算出し、その解約返戻金の額で保険期間が同じ(つまり終身保険)を 購入することになりますので、契約者貸付等の残高はその時点で精算されますので払済後に貸付残高が残ることはなく、0となります。

その他の回答(1件)

0

買付金が残るということはありませんが、枠いっぱいいっぱいまで借りていると、払済保険への変更ができない場合があります。その際は、解約しかないですね。